02_外国人の住みたい場所最終_20150127

多くの外国人滞在者がいる日本。1980年には約78万人だった外国人滞在者も、2013年には約207万人にまで増加した(在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表 法務省)。今後オリンピックの開催などにより海外からの注目度が増せば、より多くの外国人が日本に滞在する可能性も出てくるだろう。

空室対策としても、外国人の受け入れ態勢は整えたいところ。では、外国人たちは日本に住むのならどのような物件を望むのだろうか。現在は母国に住んでいるものの、将来的に日本に移住したいと考えている4名に聞いてみた。

周辺に自然の残る都心部

神社仏閣や舞妓など、日本の伝統と歴史を感じられるスポットとして外国人に人気の京都や奈良。しかし、「それはあくまでも観光地としてだと思います」と、話すのは、アメリカ人のAさん(男性・45歳/経営コンサルタント)。

「古都・京都も日本らしくて好きだけど、経済の中心部である東京のほうが何かと便利だと思うので、東京は絶対条件です。

現在アメリカで住んでいるのは、程よく自然も残っていて、窓からのロケーションがいい部屋。日本でも同様、ロケーションを重視したいので、自然豊かな吉祥寺や三鷹界隈に住みたいです。都会と自然が共存しているイメージがあるし、きっと利便性も高いと思うので」

日本らしさよりも住み心地を重視するとのこと。「家からの眺めがいいところに住みたい」というのは、万国共通の価値観のようだ。

歴史を感じる日本家屋

イギリス人のOさん(男性・40歳/医者)も、東京を希望する。

「今、テラスハウスの1階に住んでいます。イギリスの中でも中心的な場所にあるため、生活する上での不自由さは一切感じません。なので、もし日本に住むのなら、絶対東京ですね。

それでいて、瓦屋根の戸建てなど伝統的な家屋で、周りに高いビルがなくて、人気のある街へのアクセスがいいところを希望します」

どこへ行くにもアクセスがよく、何でも揃っている東京は、外国人からも人気の高い場所。24時間営業のコンビニがどこにでもあり、夜も人の気配がある点も買われているのかもしれない。

設備はシャワーさえあれば十分? 心配なのは治安の問題

台湾人のSさん(女性・24歳/IT)は、女性ならではの視点で語った。

「今住んでいるのは木造アパート。鉄骨造りにはないナチュラルな雰囲気が気に入っています。日本に住むなら、狭くてもいいので、トイレ、シャワー、キッチン付であればいいです。また、職業柄、トレンドの発信地にいたいので、東京に住みたいですね。

ただ、都心は治安が心配なので、女性でも安心して暮らせるところがいいです。工業地帯みたいなところはちょっと怖いので……。あとは駅に近いところですかね」

外国人向けマンションとなると、大きめのバスタブを用意しなくては……という気もするが、アジア圏の方であればその心配は少ないよう。トイレ、シャワー、キッチン付であればOKということであれば、多くの物件が検討段階に上がりそうだ。

日本の若者には不評でも、外国人人気が高い「和室」

中国人のSさん(23歳・女性/商社)は、東京の中でも池袋に注目しているようだ。

「東京はトレンドの発信地だと思うので、東京に住みたいですね。他国にはない日本のポップカルチャーが大好き。特に池袋ではコスプレイヤーが集まったり、アニメのイベントも開催されていたりすると聞きます。外国人が集うカフェもあると聞いているから、池袋に住めたら最高ですね。

間取りは特にこわだりませんが、せっかくなら日本らしさを感じられる和室がいいかも」

駅前に大型商業施設が密集しているので、利便性も高い。サブカルチャーも根付いており、娯楽もある。池袋はまさに外国人に打ってつけの場所なのかもしれない。

東京に住みたいという意見が並んだ今回の調査。また、年季の入った和室も、外国人にとっては日本の古き良き文化を味わえるとあって好評のよう。古くなったからと立て直しを行う前に、外国人を対象として間口を広げることを検討してみても良さそうだ。

 

【関連記事】この記事を見た人はこんな記事も見ています!


・ 入居者が入居者を呼ぶ!? 実録「外国人に部屋を貸す」メリットとデメリット

・ 「繁忙期を逃してしまった」そんな方に朗報! 今こそ行うべき2つの空室対策

・ 発生率No.1! 騒音トラブルのリアルな実態と正しい対処法

・ 東京五輪終了後、湾岸エリアでは「ある理由」から資産価値が下落する!?

・ 銀行は、現在の“不動産ミニバブル”をどう見ている? 五輪前と後の市場予測