なっちーさん最終_20150203

主婦大家なっちーこと、舛添菜穂子さんは、地元千葉と出身地大阪に戸建を5戸、都内に区分1戸を所有する投資家。ゆっくりとしたしゃべり口調で、どちらかというとおっとりしたイメージの舛添さんだが、その投資手法は「高利回りボロ戸建投資」という泥臭いもの!

利回り20パーセント以上という所有物件は、一部は融資を受けたものの大半は独身時代からコツコツ貯めた預金を投入して取得。大幅値引きを実現させた指値術と、自らが経験した戸建投資にありがちな落とし穴をあますことなく披露いただいた!

就職氷河期にようやく就職できた会社でリストラに合う

大阪出身の舛添さんは、地元の短大を卒業した後、アパレル関連の会社に就職。当時はまだ就職氷河期が続いていたころで、その会社に決まるまで50社以上も就職試験に落ち続けたそうだ。

「なかなか就職が決まらず心が折れそうになりました。1社目の会社は就活がうまくいかない私に、短大の先生が紹介してくださったのですが、お給料は手取り8万円。実家暮らしなので何とかなりますが、この収入だけではあまりにも心もとないと思いました」

しかも、ボーナスが出たのは入社して最初の年だけ。そのうち会社の業績が傾いてリストラされることに

「まず年配社員のオジサンから順に肩叩きがあり、そのうち最若年の私にも声がかかりました。郊外のアウトレットモールで、スーツをワゴン販売するか、退職して親会社に再就職するかの選択を迫られたのです」

親会社に再就職するなら退職金の上乗せがあり、その金額は100万円以上。20代にすれば大金で、おまけに次の就職先も斡旋してくれるとあって、条件は悪くなかったという。

勤めながら財形貯蓄にもはげみ1社目で200万円の貯金ができた。さらに2社目の会社では手取り15万円にあがり、リストラされたとはいえ、意外と好条件に恵まれた舛添さんだが、また同じ目に合うかもしれないと危機感を抱く。

「景気も悪いし、この先15万円の給料だけでやっていけるのか不安を感じていたのです。できれば給料プラスαのお金を稼ぎたいと思い、週末の金曜の夜と土日、それに祝日も喫茶店や居酒屋でアルバイトをすることにしました」

時給は1000円と少し。週末のバイトで5万円ほど稼ぎ、本業と合わせて20万円になり、そのほとんどを貯金に回した。

「買い物をするときも最安値にこだわり、金券ショップを活用しました。ギフト券や交通のお得なチケット、地下鉄も必ず回数券です。11回分が10回分の値段で買えますから。飲食店は割引特典のあるクーポンを利用するのは当たり前でした」

そうした節約生活を送っている中で舛添さんの不安が的中。2社目の会社が倒産してしまう。その後は、失業保険をもらいながらの就職活動。会社都合の倒産で退職したため長めに受給できたそうで、保険が切れるころ、今度は職業訓練に応募して経理の勉強を続ける。

「訓練中も給付金がもらえます。その期間も終わって、いよいよ就職先を真剣に検討しなくてはいけなくなったときに、3社目のブラック会社の社長と出会いました。 このときの手取りは18万円。今までに比べて良かったけれど超ブラック会社です。連日終電までの残業が続き、実家暮らしがままならず1人暮らしもはじめました」

さすがにこのハードな勤務形態では飲食店のアルバイトはできなかったが、すでに貯金が数百万円に達していた。