安藤さん2月

皆様こんにちは! 新之助でございます。

先日、私は家族で長野県へスキーへ行ってきました。家族そろってのスキーツアーは数年ぶりになりますが、子供たちもずいぶん上達して私も面倒をあまり見る必要もなくなり、私自身も楽しんでいます。

スキーへは長野県もしくは岐阜県に行くことがほとんどなのですが、道中でどうしても気になるのがその地域の賃貸物件の入居状況。

どんな構造で空室が何部屋あるのか、管理会社や募集仲介業者はどうなっているのかなど……

さらにすれ違う車に乗っている方の年齢層やスーパーの客層など、つねに観察してしまいます。

このように注意してみていると、その土地の市場性がなんとなくわかってくるんですよね。

これも商売がら自然に身についてしまっているのでしょう(笑)

なるべくプライベート時は仕事のことは考えないようにしているのですが、私にとってそれは難しいようです(笑)

さて今回のコラムですが、新之助が見た「こんな投資家は嫌われる」というテーマで、4回の連載をしていきたいと思います。

不動産投資は賃貸事業です。株式投資やファンドなどはインターネット上で取引する事が可能ですが、不動産投資は 日々、人とのコミュニケーションがついてまわります。

したがって、「この人とはビジネスがしたくない」と思われたら事業として成り立たなくなってしまいますよね。

不動産投資の世界はまだ事業としての意識が薄い部分もあり、経営者としての意識改革が必要になってきます。

これは、不動産投資に関連し私が携わる方々との会話の中で交わされる秘話をピックアップしてお伝えすることにより、不動産投資の市場が良い方向に活性化することを願い執筆しました。

失礼にあたる部分もあるかとは思いますが何卒ご容赦をお願いいたします。

当てはまってはいけない!!
こんな投資家は嫌われる ワースト5(不動産業者編)

○ワースト5:自分の素性を明かさないひと

不動産業者は扱う金額が大きいだけに取引する人を慎重に選びます。

投資家であるあなたが不動産業者を選ぶように不動産業者もあなた以上にプロの目で吟味しています。誰でもそうですが、のちにトラブルになりそうな雰囲気な人とか自分本位な人とは付き合いたいと思っていません。

不動産業者はビジネスパートナーとして信頼関係が構築できるか否か探るべくいろいろな質問をしてくるでしょう。

たとえば、家族構成 年収、勤務先、自己資金 資産背景 投資経歴など……。普段のサラリーマンライフでは聞かれない話さないような事も聞かれるでしょう。

なかなか自分の素性を明かすのは抵抗があるかもしれませんが、そこは腹をくくって話したほうがよいと思います。

実際、後々の事を考えると先に話しておいた方が不動産業者も安心して案件を紹介してくれますし、どのようにしたら成約に結びつくかプランニングしてくれます。

自分の諸事情はいろいろあるかと思いますが、「もっと早く話をしてほしかった」 なんて事がないようにカミングアウトしておいた方ベストです。

私の経験上、自分の素性をある程度明かしておいた方がチャンスの舞い込み方が違います。

ただし、ビジネスに関係ないすべての事をすべて自ら明かす必要はありません。 たとえば自分の学歴、職歴や離婚理由などわざわざ話さなくてよい事もあります。

場の雰囲気にもよりますが基本的には質問に対して答えればOKです。