猫付き物件の実態最終_20150213

賃貸マンションやシェアハウスなど物件に猫が付いてくるという「猫付物件」。猫の保護・殺処分0を目的としたNPO法人「東京キャットガーディアン」が企画・運営している。猫付マンションに興味がある大家と、猫を飼いたい入居希望者、猫救済を目的とした保護団体の三者による「飼い主のいない猫の保護ボランティア活動」として行政からも了承を得ている事業だ。

一体「猫付物件」にすることでどんなメリットがあるのか。「猫付物件」の実態について同団体の代表者・山本葉子さんに話を聞いた。

トラブル事例は? 大家にとってのメリット・デメリット

猫付き物件とは、住む物件に猫が付いてくるというもの。入居者は東京キャットガーディアンが所有する猫シェルターにいる猫たちの中から好きな猫を選び、猫と同居することができる。猫シェルターにいる猫はもともと野良猫だった猫などだそうだ。

ペット付き物件ということで、少なからずありそうなトラブル。大家が面倒な思いをすることなどはないのだろうか。

大家さん・賃貸人との苦労やトラブルは聞きません。大家さんは『マンション経営で社会貢献』、賃貸人さんは『猫と住むことで動物レスキュー』をして、それぞれにご満足頂いています」

猫付物件の本質はあくまでも“猫救済”。大家が自分の意思で申し込むため、「猫に物件を傷つけられる」など多少のデメリットも承知の上なのだろう。だから猫によるちょっとしたトラブルがあったとしても、かわいいと思えるのかもしれない。

気になるのが猫を飼った結果発生する修繕などの費用。

「前の住人の退去後『壁紙を張り替える』という一般的な方法であれば、通常以上の修繕費用はかかりません。猫の爪研ぎやフロアへの粗相などが懸念材料かと思いますが、爪とぎを使っており、トイレの失敗の少ない猫は、住宅にほとんど被害を及ぼしません。

ただし、こればかりは住人の飼い方によることも。そこで弊社では猫の相談全般を受けるコールセンター『ねこねこ110番』の運営を行っています。

『柱や壁での爪とぎ』『不妊去勢手術をしておらずスプレー行為が日常的に発生』『多頭飼育による部屋全体への匂いの染み付き』などの不適正な飼育がなされないよう、いい飼い主さんを増やすことが目的です。早期に兆候が分かれば、対応のしようがありますので」

また、入居希望者には適性判断として同団体による面接で審査が行われる。これにより、同団体の考えに賛同した良識のある入居希望者が選ばれるため、飼育放棄などの問題は一切ないそうだ。

「猫の飼育を了解して頂いている大家さんと協定を結んでいるので、苦労・デメリットはありません。賃貸を更新される入居者の方も多いそうで、長く住んでもらえるというメリットを大家さんから大きく評価して頂いています」

猫は環境の変化に弱いため、引っ越しをすることによってストレスを与えかねない。そのため、猫付物件に長く住み続ける入居者が多いそうだ。それにより、空室になることも少ない。これは大家にとって大きなメリットではないだろうか。また、やむなく引っ越しをしなければならなくなった際は、猫の引き取りを希望する入居者がほとんどだという。