びっくりした募集方法最終_04102015

入居者募集をする際、仲介業者に頼りきりで良いのかを悩んだことがある大家は少なくないだろう。入居者募集は業者が行うことが一般的だが、大家が自ら募集をかけている例もある。また、業者を通じて募集をかけるにしても、大家のアイディアがあるだけでひと味違った募集をすることは可能だ。

これまでに、そのような募集に出会ったことのある人や、実際にその物件に住んだことのある入居者に、“キラリと光る”賃貸物件の募集方法について聞いてみた。

友人や入居者を通じた物件との出会い

「友人の紹介」で物件を見つけたというSさん(女性・33歳)。たまたま物件を探していたところ、友人に「いい物件がある」と紹介を受けたのだそうだ。ごく普通のアパートだったそうだが、なんと「30万円で物件内の好きなところを改装していい」という条件付き。

実は友人はその物件の大家と親しく、大家から「知り合いで物件を探している人がいたら紹介してほしい」と頼まれていたのだという。「改装では、壁紙とクッションフロアの張替えをして、余ったお金で棚を設置しました。おそらく、クリーニングを兼ねての費用だったんだと思いますが、かなりお得でした。」と話している。

これは、知人に「入居者を募集している」と伝えて協力を求めることで、紹介が成り立ったパターンである。人脈が豊富で信頼できる人に協力を仰ぐのが鍵となりそうだ。

Bさん(女性・28歳)は、退去予定だった一人暮らしの部屋を先輩に紹介し、先輩がその部屋に入居した経験があるという。「私は9月末に退去予定、先輩は10月に引っ越す予定だったのでちょうど良いのではとなり、不動産会社に先輩を紹介しました。」と話す。

先輩は「何度か遊びに行っており、きれいなことは知っているので、クリーニングは不要」と言ったそうだ。事前にその部屋を訪れていたため、内見をすることなく部屋の魅力が伝わっていたようである。また、前の入居者を知っていたことによる安心感も、「クリーニングは不要」という判断につながった。

Bさんは入居時に管理会社と契約手続きをした際、「友達などで部屋を気に行った人がいたら紹介してくださいね」と言われていたそうだ。退去とほぼ同時に空室を埋められることになるため、次の入居者が見つかるまでの空白期間を極力短くできるこのケース。

また、実際に入居している人からその物件の良さが伝わっているため、新しい入居者も入居を決めやすいのだろう。入居者を対象に、「次の入居者をご紹介ください」というキャンペーンなどを行うのも良いかもしれない。

大学の周辺にあるアパートで、「代々同じ大学の学生が入るようにする」という募集方法もあるようだ。少し前の話になるが、Cさん(女性・43歳)が学生時代に住んでいた下宿は、不動産仲介業者を通さず、卒業する先輩の後に後輩が入るシステムになっていたそうだ。下宿先を紹介してくれたのは大学だったそう。学生街の物件であれば、大学と提携を結ぶという方法もあるようだ。