コラム上部現在、820万戸もの空き家が日本に存在すると問題視されているが、不動産投資家にとっては「物件が安く買えるチャンス」と考えることもできる。

4月27日付けの日経新聞の朝刊に、「中古住宅の診断を義務化」という見出しの記事が掲載された。中古住宅の売買を行う際、住宅診断の実施と、その結果の説明を仲介業者に義務づけるというものだ。
買主が安心して中古物件を購入できるという安心感を高める狙いがあるが、売主側にも売り損ねていた物件の販売の拡大が見込めるなどのメリットがあるとされている。

以前に楽待新聞で掲載した記事の通り、政府は税制改正によっても、放置された空き家を減らすための施策を検討しており、空き家の削減、中古住宅の流通などの動きはますます活発化していくと考えられる。
(参考:法改正で820万戸もの空き家が市場に放出!?投資家にとって千載一遇のチャンスとなるか?

すでに、築古物件、あるいはボロ物件と言われる物件を格安で購入、その物件を低価格でリフォーム(再生)して貸し出す。そんなスタイルの不動産投資を実践する投資家も増えている。

そこで今回は、東京まで通勤可能な首都圏エリアで、180万円や240万円という破格の安値で戸建てを手に入れ、利回り43%などの高利回りを実現させている投資家、中 薫道さんの投資術をご紹介したい。

以前はサラリーマンとして、ITコンサルタントをしていた中さんの不動産投資歴は20年以上、主に木造で築20年を越している築古物件を好んで購入し、その後リフォーム、リノベーションを実施している。インターネットを利用して、公売や競売、競売の中でも「特別売却」といわれるものを中心に掘り出し物件を見つけ出すのが特徴的なスタイルだ。

中さんのように、空き家(≒ボロ戸建て)を、格安で購入してリフォームすれば、超高利回りの投資物件として再生できる可能性がある。

ただし、世間一般で“ボロ物件”といわれている物件や、格安で売られている物件を購入することには一定のリスクがあり、そもそも買った後、どの程度の費用をかけてリフォームをすれば貸し出せる物件になるのかを推測することは容易ではない。

「格安な物件をどうやって購入するのか」、「築古の物件で、費用を抑えてリフォームするにはどうしたらよいのか」そんな気になる疑問を、中さんの事例を通して解決したい。

実録! 首都圏でも180万円で一戸建てが買える

中さんは、これまでに8戸の空き家(戸建て)を再生させているが、戸建てのほかに、アパート3棟、区分マンション4戸を所有する専業大家である。

「古い物件でも、手を入れてメンテナンスすれば、価値が上がり、立派に世の中の役に立ちます。」(中さん)

中さんが見つけた格安物件はなんと、埼玉県にある180万円の物件。注目いただきたいのはその表面利回り。実に43%だ。首都圏で、ここまで高利回りの物件をどうして購入することができたのか、購入に至る過程について詳細を聞いた。

1

中さんが、180万円で購入した戸建て

物件価格

180万円

エリア

埼玉県富士見市

築年数

36年

広さ

50平米

利回り 表面

 43%

駅徒歩

10分

中さんが見つけた戸建ては、競売の中でも「特別売却」の物件だった。競売のなかでも、「特別売却」とは、誰からも買いたいと申出がなかった場合にのみ行われ、先着順で購入できる仕組みだ。一番手で申し込めば、競売スタート時の金額で購入できる。

デメリットは、通常の競売物件同様、購入後にしか物件の中に入ることができない点と現金一括払いで購入しなければならない点で、玄関を開けてみないことには、家の中がどうなっているかがわからないのはリスクの一つだ。

中さんが買った180万円の戸建て、なぜ誰も買わなかったのかというと、「トイレが汲み取り式であることや狭小であることがその原因」と中さんは予測。

それでも購入を決意したのは、次の3つの理由からだ。

① 東京まで通勤1時間以内で通えるため、賃貸ニーズが高い
② 土地14坪、建物50平米、築35年、再建可という条件の割に、180万円は割安
③ ボロボロだが、それゆえに“大家力”を養うには最適