けーちゃんコラム大最終04272015

すでに不動産投資で成功を収めている著名現投資家に「もし、これから不動産投資をはじめるのなら、どんな物件を選ぶのか」をインタビューする当企画。第2回は、行動力抜群の投資家けーちゃんこと、寺尾恵介さんにお話をお伺いした。

不動産投資をはじめようとしたとき、一体どんな行動をとったらいいのだろうか。

「まずは物件100件を見る!」当時、そう決めて実行したという寺尾さん。

不動産投資をはじめて4年でサラリーマンをリタイヤ、その軌跡をブログで綴り人気を博した人気ブロガーでもある。果たして、寺尾さんが今選ぶ1棟目の物件とは?

高速バスに乗って3カ月で100件の物件見学

北陸地域を中心とした中古一棟マンションと、首都圏(神奈川・埼玉・東京)と名古屋に限定してファミリータイプ区分マンションに投資をしている寺尾さん。

不動産投資を知って勉強をはじめたのが2003年のこと、実際に物件を探しはじめたのは2004年に入ってからだとか。

「当時は転勤で富山に住んでいましたが、東京の区分マンションを購入しようと考えていました。都内の区分マンションは、今ほど値段は高騰していませんでしたが、当時でも表面で10%あるかないかの利回りでした。

利益は少ないけれど安定して手間をかけずに運営できる……というところに魅力を感じて購入したいと思ったのです」

今のようにインターネットだけで簡単に物件検索ができなかった時代、地方に住みながら一体どのように物件探しをしたのだろうか。

「当時は富山県の高岡市に住んでいまして、情報はインターネットで調べていましたが、当然『楽待』のような便利なサイトはありません。不動産会社のオフィシャルサイトに物件情報が出ていたので、区分を取り扱う会社を常にチェックして、気になる物件があれば問合せを行って、資料を送ってもらっていました」

そうして物件情報をコツコツと集めたら、2週間に一度、週末を使って上京。地道な物件調査を繰り返したそうだ。

上京したら、だいたい15件程度の物件を調査しますので、資料も15件分集めないといけません。当然、売れてしまう物件もあるわけで、実際には2週間に15件ではなく、もっとたくさんの情報を集めていました。今と違って情報収集は手間がかかりましたね。

もちろん、どんな物件でもいいわけではありません。駅からの距離や築年数など自分なりの目安で選定していました」

また現地に行っても、今のようにスマホでその場ですぐ検索して、地図アプリで簡単に辿りつくということはできない。そのため、資料が揃ったら、あらかじめパソコンで交通機関を調べて効率よく見学できるルートを作成していたという。

「そうやって平日に準備をしておいて、金曜日に仕事が終わったら、高岡市を23時に出発する深夜バスに乗ります。おおよそ一晩かけて移動して、朝5時に池袋につくのです。

今でもあるのですが、サウナ付のカプセルホテルには1時間ショートコースがありまして、お風呂だけ入れるのですね。入浴料1000円払って、お風呂に入ってさっぱりしてから物件見学をしていました。

東京は6時前から電車が動いていますから助かりました。午前中に3~4件見て、午後にも3~4件見て、夜はまたカプセルホテルに宿泊します。そして、翌日も同じようなスケジュールをこなして、また深夜バスに乗って高岡へ戻るのです」

明け方に高岡についたら、そのまま出勤するというハードスケジュールを寺尾さんは3カ月間こなしたそうだ。

2004年の4月から6月の3カ月の間、月2回ずつ上京して100件の物件を見ることができました。物件調査の100本ノックですね(笑)このやり方が正しいとは思いませんが、おかげで見る目が養われたと思います」

そうして、いよいよ1棟目の物件を購入することになる。