プチリノベ術最終_05082015

こんにちは。デザイナーのみなやまくみこです。

「手間をかけずに低コストで行える」リフォーム術、第2回目はなんと、1000円以下で出来るプチプライスのリノベテクニックがテーマです。

昨今、不動産投資家さんの間でいろいろな空室対策が行われています。その中でも、IKEAや楽天市場などで売っているアイテムを使ったリノベは人気があります。

そもそも、何のためにプチリノベをするのかですが、それは入居者さんに「選んでもらえる部屋」にするためです。

入居者さんは部屋を探すときに、不動産会社の案内で複数件のお部屋を内覧します。その数は平均で3件程度、なかには1日で5件も見てまわる人もいるそうです。

大抵の人には予算がありますから価格帯が同じということで、同じような印象の部屋に案内されることが多いようです。同じ価格帯で同じような間取りの部屋が複数。そんな中でいかに「印象に残る部屋」にするのかが「選んでもらえる部屋」になるポイントになります。

もちろんお金をかけてフルリノベーションすれば、素敵なお部屋に生まれ変わることはできますが、賃貸物件ではリノベーションの費用対効果を考えなくてはいけません。

その結果、内見に来た人の、目につく部分に“アクセント”を置いて、印象付けるということが価格を抑えて行える上に、もっとも効果的なポイントです。

では、どこにアクセントを置いたらいいのでしょうか。具体的にいうと次の3箇所です。

① 玄関に立ってみえるところ
② リビングの壁面
③ キッチンや洗面所など水回りの壁面

まずドアを開けて部屋に入ったとき、そこからパッとみた印象は大事です。

また、メインとなるリビングは、これからの暮らしをどれだけ思い描けるのか、入居者さんがイメージを膨らませるような部屋で合ってほしいですね。

もちろん、毎日使うことになるキッチンや洗面所はとくに女性のチェックポイントです。

こうした印象付けでよく使われるのはアクセントクロスや、第1回目「塗るだけ簡単! 狭い部屋もオシャレにDIYできる“黒板塗装”」でご紹介した、黒板塗料などのペイントがあげられます。

大きな壁面にアクセントをつくるのは効果的ですが、フルリノベまでとはいかないまでも、それなりに費用と時間がかかります。

そこで、今回はより簡単に、安く、オシャレにできるアイテムとして、壁面に取り付ける「フック」をご紹介します。