エアコンありなし最終_04132015

所有物件の空室対策でまず検討していきたいのは、設備面での充実を図ること。費用対効果を追求し、より効率的な投資を行っていきたいところだ。

たとえば、エアコンを付けるか否かといった小規模な投資は、賃貸経営にどのくらい影響があるのだろうか。コストパフォーマンスの良い投資をするためのコツを、「満室経営株式会社」代表取締役など、マルチに活躍する空室コンサルタントの尾嶋健信氏に伺った。

エアコンの有無で家賃は変えられるのか?

尾嶋氏は「そもそも現在、エアコンは付いていて当たり前だと認識している入居者が多い」と話す。そのため、エアコンがあるという理由だけで家賃を上げるのは難しいそうだ。

実際に、1Kの部屋に最近引っ越したというFさん(26歳/男性)に部屋探し時を振り返ってもらったところ、「エアコン付きの部屋で探していたし、基本的には付いているものだと思っていた」とのこと。

しかし尾嶋氏曰く、エアコンの設置で賃料を上げられるケースもあると言う。

「ファミリー用の物件はLDKになっていて、リビングが広いですよね。全国的にさまざまな物件を見てきましたが、リビングにはエアコンを設置しないことが多いように思います。

理由は面積が広い分、設置するエアコンが高価になってしまうから。そのため、ファミリー物件のリビングにエアコンを設置するのであれば5000円程度の賃料アップは可能でしょう。

入居者が2年間住んだとして、自分で15万円程度のエアコンを購入することに比べれば、月々5000円の家賃がプラスされても2年で12万円分の追加にしかなりません。そうすると、15万円のエアコンを購入するよりも得になるのです。

また、それを強みに仲介会社の営業担当者が他物件との差別化を行ってくれる可能性も高まります

オーナーから見れば、その入居者が2年半住むことで15万円(5000円×30カ月)の回収が可能となる。新品のエアコンが2年半で壊れることは考えにくいので、費用対効果も高いと言えるだろう。