インテリアシール

こんにちは。デザイナーのみなやまくみこです。

第3回目は、今流行のインテリアシール(ウォールステッカーとも呼ばれます)がテーマです。インテリアシールといえば、100円ショップからIKEA、楽天の通販などでも様々な種類が売られています。

価格も100円から、高くても1万円程度とコストパフォーマンスにとても優れています。貼るだけでお部屋のイメージがグンとアップする、インテリアシールの効果的な使い方や選び方をご紹介します。

インテリアシールの6つのメリット

インテリアシールの効果といえば、安くて簡単に部屋のイメージチェンジができることです。貼るのも剥がすのも簡単なので、原状回復も容易で賃貸物件に向いています。

インテリアシールには種類がたくさんありますので、部屋に合わせてシールを選びますが、貼った部分がアクセントとなり、内見した入居希望者にインパクトを与えることが可能です。

同じような効果のあるものに、アクセントクロスがあげられますが、1面とはいえ材料費だけで1万円近くかかりプロに施工を頼むと3万円前後かかることもあります(そもそもアクセントクロスだけを請負う業者がいないかもしれません)。

その点、インテリアシールであれば、100円~数千円、どんなに高くても1万円の予算の中で、特別な道具も技術もいらず、簡単に貼ることができるのです。

安いものでも、うまく使えば、それだけで部屋のオシャレ度が大きくアップしますので、近隣物件との差別化ができるのはもちろん、部分的な汚れを隠したり、穴を隠したりするのにも有効です。

どんなものを選んだら良いかわからない、本当にオシャレに貼れるかわからないという方もご安心下さい! おすすめのデザインや張り方、どこに貼るのが効果的なのかなど、写真付きでご案内します!

まず、インテリアシールのメリットをまとめると以下になります。

①とにかく、リーズナブル
100円ショップでも売られていますし、100円ショップでなくとも、数千円程度で良いデザインが手に入ります。

②種類やデザインが豊富
文字・植物・動物・パターン柄などあらゆる模様があります。

③簡単に貼れる
糊付なので、誰でもすぐに貼ることができます。

④剥がすのもかんたん
原状回復が容易にできます。

⑤汚れや傷隠しに使える
大きめのインテリアシールであれば、壁の汚れや小さな傷隠しにも使うことができます。

⑥インテリアとしても有効
壁だけでなく、家具やキッチンの扉に貼ることもできます。窓やミラーに貼って楽しむこともできます。

このようにメリットの多い、インテリアシールですが以下のような注意点もあります。

・でこぼこした凹凸のある壁・土壁・砂壁・ペンキや漆喰で塗装されている壁は不向き
・シールを貼った部分に日焼けあとが残る部分があるため、あまり日当たりが良い壁に貼るのはNG
・水回りに使えないインテリアシールもある。水回りに使いたい場合は、耐水インテリアシールを使う。
・剥がしやすいとはいえ、長期間貼っていた場合、なかなかキレイに剥がれないケースもあり。(そんなときはドライヤーを使ってシールを温めて、糊をとかしながらゆっくり剥がす。)