3年買えない最終

不動産投資に興味を持ち、物件購入を決意したものの、なかなか条件に合う物件が見つからない。探しているうちにすでに1年以上が経過している……そんな投資家予備軍はいないだろうか。長く買えないでいるとモチベーションが落ちて、不動産投資自体を諦めてしまう人がほとんど。

今回は「物件を探し始めてから”2年以上”経過しても、購入に至らなかった投資家」3名にインタビューを行い、購入しようと思っても、購入できなかった理由を振り返ってもらった。また苦しい時期を乗り越えて最終的には不動産投資物件を購入することができた投資家は、買えない状態からどのように抜け出したのかも詳しくリサーチする!

物件探しを続けて7年目に高利回り物件を取得
(埼玉県在住 本郷武さん 40代 営業職のサラリーマン)

本郷さんが不動投資を知ったのが10年前。親から戸建てを相続し、その物件を貸して家賃収入を得たのがきっかけだとか。

「真剣にやってみようと思い1年間本やセミナーで勉強して、条件に合う物件をずっと探していました。ようやく購入できたのは7年後の2012年です」

10年前といえば、不動産投資の書籍もほとんどない頃。本郷さんはどのように勉強したのだろうか。

藤山勇司さんの本を読んで、競売不動産があることを知りました。それから2006年には大家検定の1期生として、大家さんの業務について学びました。とにかくインターネットで物件を探し続け、物件調査に行き、地場の情報に強い不動産業者とのパイプを深めていました」

前々から株をやっていて、頭金は物件価格に対して2~3割程度は出せたそう。ただし家族の協力はない。サラリーマンゆえ週末に物件見学に行くしかなく、週末ごとにでかけてしまう本郷さんに対して、奥様の不満も溜まっていたそうだ。

「当時、子供の部活動で車送迎が必須でして、家族との折り合いが大変でした。なにせ車でしか見に行けないような物件でしたから、妻を説得して物件を探し続けました。エリアについては、最初に狙っていたのが栃木の宇都宮市です。転勤していたこともあり、地の利に詳しかったのが理由です。しかし見つからないので、そこから栃木県まで広げて、出てこないので群馬県も入れて、一時期は茨城も探していました」

本郷さんが教えてくれた物件の検索条件はコチラ!

・エリア:群馬もしくは栃木
・金 額:5000万円以下
・利回り:15%

≫今すぐ、上記の条件で「楽待」の物件を検索してみる!

 

とにかく金額と利回りが基準で、物件種別については、木造アパートと軽量、RCマンション何でも良く、築年数にもこだわりはなかったという。

「本を読んで勉強して条件を決めました。イールドギャップ(利回りと銀行金利の差)が12%あるべきだと思いまして。借りられる金利3%くらいと仮定したら、利回り15%は欲しいと思いました。当時は積算評価を考えず、完全に手残り重視ですね」

何十件も物件を見ていく中で、買う直前までいって気づいた事故物件もあったそうで、決済の時に知ってやめたことも……。

やっぱりモチベーションは下がりますね。まわりがどんどん買えていくのに買えないですから。それでも物件探しはやめませんでした。ルーティンで物件を探し、気に入った物件があれば見学していく……それを繰り返していました。

とはいえ、見学したい物件すらない時期もありましたよ。今考えると頭でっかちになっていたと思います。勉強をしながら物件を探していましたから、だんだん知識が増えてきて、リスクもわかるので踏み込めないのです」

買うチャンスはあったが、なかなか契約から決済まで辿りつかない本郷さん。そうやって7年間が過ぎ、迷ったけれど妥協はしなかった。

「いろいろ迷ったけれど、基準は変えませんでした。リーマンショックや震災など、ふりかえると、買い時だったと思う時期もあります。でも、当時は客観的に見ることができませんでした」

そうして2012年、いよいよ1棟目の物件を購入する。

群馬県で築18年の軽量鉄骨アパートを8戸2200万円で購入しました。単身者向けの1LDKで、駅からは距離はありますが駐車場はきちんと確保されています。懇意にしていた業者さんからの情報です。社長さんや専務とも信頼関係を築いていましたから、この業者からきた情報なら信用できるなと即判断しました。タイミングよくきたので、もう買うしかない。ここで買わなかったら一生買えないと思いました

埼玉県在住ということで、融資には隣接する群馬県もOKという埼玉の信金を業者さんがアレンジしてくれた。

金利条件1%後半、期間20年と非常に良い条件です。利回り13~14%で、イールドギャップは12%とれます。その物件は地場の業者さんが保有していた物件で、利益確定の売却だそうです。表に出る前のいわゆる川上情報を得て買うことができました

待っていたかいがあり、好条件で1棟目のアパートを無事購入できた本郷さん。7年間探し続けられた理由は、「仲間とのつながり」だという。1人だったらモチベーションたもてず折れていたかもしれない、まわりに仲間がいる状態だから、つねに物件を探し続けられていたそうだ。

 

群馬アパート(1)2

本郷さんが購入した群馬県の木造アパート 外観

群馬アパート(2)

本郷さんが購入した群馬県の木造アパート 内観