一棟アパート物件価格

投資用不動産の全物件種別で価格が上昇

株式会社ファーストロジック(東京都千代田区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2017年1月期分」の調査結果を発表いたします。

掲載物件のデータに基づき、今後も不動産購入者様や不動産会社様に役立つ資料を定期的にリリースして参ります。

期間:2017年1月1日~2017年1月31日
対象:期間中『楽待』に新規掲載された物件、問合せのあった物件
(対象エリア:全国)

レポート概要

■ 新規掲載された一棟アパートの物件価格が前月比で上昇(本文1項参照)

新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.44ポイント下落、問合せ物件の表面利回りも0.11ポイント下落しました。
新規掲載物件の物件価格は前月比で479万円上昇、問合せ物件の物件価格は83万円下落しました。

 

■ 新規掲載された一棟マンションの物件価格が前月比で上昇(本文2項参照)

新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.25ポイント下落、問合せ物件の表面利回りは0.13ポイント上昇しました。
新規掲載物件の物件価格は前月比で697万円上昇、問合せ物件の物件価格も1,165万円上昇しました。

 

■ 新規掲載された区分マンションの物件価格が前月比で上昇(本文3項参照)

新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.19ポイント下落、問合せ物件の表面利回りは増減ありませんでした。
新規掲載物件の物件価格は前月比で53万円上昇、問合せ物件の物件価格は39万円下落しました。

 

■物件統計レポート 2017年1月期 投資用不動産の市場動向調査

PDFダウンロード

 

統計データ引用の際は、当サイト名「楽待」・URL(https://www.rakumachi.jp)を明記のうえ、リンクを貼って頂きますようお願い致します。