海老名、厚木、大和が営業エリア

神奈川県相模原市で約4500戸の管理物件を持つ相模ダイワ(神奈川県相模原市)は、「ダイワホーム海老名支店」「相模ダイワ海老名営業所」の開店準備を進めている。

1階部分に新支店

新支店はJR「海老名」駅の西口から徒歩1分、2月に完成したS造地上3階建ての賃貸マンション『ルチア海老名』の1階に新設する。店舗面積は約210㎡。オープン当初は社員4人を配置する予定。

JRや小田急線、相模原線の3路線が乗り入れる同駅西口は、海老名市の土地区画整理事業もあって同駅を中心に開発が進み発展している。これまで海老名市は、相模原市にある本店の営業エリアとしてきたが、今後の賃貸住宅の需要増加も見込んで新支店開設を決めた。

新支店はカフェのような明るく立ち寄りやすい雰囲気にしていく。長谷川太一社長は「ロケーションとしては人の流れもあって悪くない。新支店を拠点として海老名市内はもちろん、厚木市や大和市などのエリアでも管理物件を増やしていきたい」と話している。

(引用元:全国賃貸住宅新聞)

賃貸経営に必要な情報満載
『全国賃貸住宅新聞』『家主と地主』の詳細はこちら