共用ガーデンでつながり促進

大東建託(東京都港区)は、多世代交流をコンセプトとした賃貸住宅『en terrace(エンテラス)』を2016年より開発。1号棟目となる物件が3月30日に完成した。

中庭ガーデンで交流を図る

物件はJR山陽本線「西明石」駅から徒歩約30分の場所に立つ『エンテラス池内』。約2500㎡の土地に木造2階建ての住居が3棟20戸。26台の専用駐車場と中央部にはガーデンテーブルやベンチのある入居者同士のコミュニティースペースを設けている。

多世代交流をテーマとしているため、入居者を限定した募集を行う。シニア層が50代以上の夫婦か単身者、若年層は子育て中の夫婦かDINKSに絞る。各棟の1階に約35㎡1LDKのシニア層、メゾネットタイプが約70㎡3LDKの若年層の部屋となっている。バリアフリーや対面キッチンを採用し、各世帯に訴求。賃料はシニア層が5万1000円、若年層が7万円から。

ファミリー用に対面キッチンを促進

シニア層の入居者は一カ月の交代制で「和守」と呼ばれる物件の世話役を担当。入居者への積極的な声掛けや美観維持を行う。また、バーベキューやウェルカムパーティーなどのイベントを定期的に開催し、入居者同士の交流を促進する。1日より入居を開始し、3月28日時点で5件の申し込みが入っている。

商品開発部の天野豊部長は「少子高齢化が進み、人とのつながりが希薄となる中で多世代が交流する賃貸物件に需要があると見込んでいる。」と話す。同社では今後、『en terrace』の竣工を3棟見込んでいる。

(引用元:全国賃貸住宅新聞)

賃貸経営に必要な情報満載
『全国賃貸住宅新聞』『家主と地主』の詳細はこちら