猫が飼える不動産仲介サイト開設

東京と埼玉を中心に6000戸を管理するイノーヴ(東京都板橋区)と保護猫カフェを全国で6店舗展開するネコリパブリック(岐阜市)が4月25日、猫飼育可能な不動産を専門に仲介する『ネコリパ不動産』を開始した。これまでも猫飼育可能な賃貸住宅を仲介するサイトは存在するが、大きな違いは仲介手数料の一部がネコリパブリックの保護猫活動に役立てられる点だ。

「ネコリパ不動産」ウェブサイトのトップページ

サイトへはイノーヴが家主への取材と物件の写真撮影を行い順次掲載していく。猫飼育可能物件にすることを検討している場合も掲載を依頼することは可能。

ただし、猫の性質を考慮し、曇りガラスのみの物件や約30㎡以下の物件、換気がしづらい物件などは掲載できないといったルールも設けている。4月26日現在、サイト上では7件紹介しているが、関東や関西など問い合わせがすでに来ており、週に3件ずつ掲載を増やしていく予定だ。

掲載料は無料。掲載物件はイノーヴがレインズや他社サイトで探し増やしていく予定。ウェブサイト『ネコリパ不動産』でも募集を行っている。

(引用元:家主と地主6月号)

賃貸経営に必要な情報満載
『全国賃貸住宅新聞』『家主と地主』の詳細はこちら