㈱リクルート住まいカンパニーは23日、「賃貸住宅居住者の交流意識調査」(2014年4月)の結果を公表した。それによると全体の約7割が「賃貸住宅内で親しくしている人はいない」と回答した。

同調査は、賃貸住宅に居住している人を対象に、住宅内交流に関する意識やニーズを把握することを目的に実施したもの。(1)1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)に在住の男女、(2)現在賃貸住宅に居住、(3)物件の選定に関わっている、の条件を満たした人が対象。調査期間は4月26~28日。インターネットによるアンケート調査で、回収数は618となっている。

現在居住中の賃貸住宅内で親しくしている人の人数については、「0人」という回答が約7割(70.1%)を占めた。その一方で、住んでいる集合賃貸住宅内で、他居住者と交流したいという意識のある人は75.1%に上っている。

交流したい相手は、最も多かったのが「趣味が近い住人」(58.7%)、次が「同世代の住人」(56.5%)、3番目が「生活レベルが近い住人」(53.1%)となっている。
 
住人同士の交流のためにどのようなイベントがあったら良いかについては、「防災訓練、避難訓練」(32.7%)がどの年代、どの家賃帯についてもトップ。なおイベントへの関心度合いを家賃帯別にみると、全般的に「6万円未満」の家賃の人は全体平均より低く、「10万円以上」の家賃の人は全体平均より高い項目が多かった。

また、交流のためにあったら良いと思う共用設備・サービスは「屋上、ルーフバルコニー」(40.5%)、「図書館」(35.9%)、「エクササイズルーム」(32.0%)がトップ3となった。

あったら良いと思うオーナーによる住人向けサービスは、「不在時の宅配便などの荷物一時預かり」(33.8%)、「自転車や電動自転車の貸し出し」(29.9%)、「しばらく使わないものの一時預かり」(27.2%)がトップ3。

年代別にみると、20代は「オーナーによるキャンプ・バーベキュー用品の貸し出し」が全体平均と比べて高い。

参考:リクルート住まいカンパニー http://www.recruit-sumai.co.jp/press/2014/06/751.html