楽待コラムをお読みの不動産投資家およびこれから不動産投資家を目指される不動産投資家予備軍の皆様、初めまして。

どんな苦難があってもリカバリーし続ける七転び八起き大家:-P こと、戦慄大家8-O と申します。 ご縁があって楽待さんのコラムニストとして執筆させていただくことになりました。

戦慄大家8-O は関東在住、ごく普通の日本男児で、世間で言うところの「本業」は会社員です。

訳あって2012年後半に不動産投資をスタートしたものの、様々な苦難の連続と過酷な状況を経験することになり、現時点でアパート2棟と戸建1棟(計19室)しか所有できていない未だ小ぶりな不動産投資家でもあります。

いわゆるサラリーマン兼業大家をしております。

しかし、将来は不動産投資のみで人生を謳歌できる洗練されたレベルの投資家を目指す、常にポジティブな大家です。(傍から見ると苦労の連続の戦慄大家8-O ですが、その志は常に七転び八起き大家:-P です。)

不動産投資って本当に不労所得?

読者の皆さんは不動産投資と聞いてどんなイメージがあるでしょうか?

不動産投資の世界において、世の中に出回っている関連書籍やセミナー等は、どちらかというと良い面やおいしい面ばかりを強調しているように思えてならないと個人的に感じて来ました。

例えば「不動産から入ってくる家賃等で将来、年金代わりになりますよ」とか、「不労所得」とかのイメージが先行しているのではと思いますがいかがでしょうか?

しかし、既に不動産投資家であられる読者様ならご承知のように、必ずしも良い面ばかりではないのが現実であったりするわけです。

現実は、不労所得どころか、苦労所得じゃないか?と思うときも多々ありますよね。

反面教師として

戦慄大家8-O の記事をとおして皆様に以下のような内容をお伝えしていけたらと思います。

読者様、特に初心者不動産投資家及び不動産投資家予備軍の皆様にとって、 

  1.  もし事前に知っていたら経験しなくても済む(あるいは避けることが可能な)トラブルや困難、陥る事はないであろう苦労
  2.   戦慄大家8-O 自らが身をもって体験した様々な失敗談、恐怖、不安 
  3.  それらからどのようにリカバリーしていくのか(現在進行形です)等

 

私を反面教師としてお読み頂くことで、読者の皆様に少しでもお役にたち、ひとりでも多くの方がこの世の中で不動産をとおしてハッピーな人生をおくれるようになって頂ければ幸いと考えております。

次回からは戦慄の1棟目購入に至る経緯から入っていきたいと思います。

お楽しみに~!!