こんにちは、NEXT GROUP代表の中邨です。

 

最近多くの人から不動産投資についてご質問を頂きます。

その中でも、特に多い相談は、

この不動産価格は適正なのでしょうか?

というものです。

 

『◯◯のエリアで購入を検討しているのですが、

この価格は適正でしょうか?』

 

という感じですね。

これは特に海外での不動産の件でのご相談が

多い気がします。

 

海外での不動産を検討されている人が増えるということは

日本人の感覚も少しずつ変わってきたということなので

良い事かもしれないですが、

何でもやればよいと言う訳ではありません。

 

まずは、何でも確認が大事です。

その確認をする為の調べ方に興味を持って頂く事が

第一歩です。

 

さて、上記のような質問があった時、

僕がどのようにお答えするかと言えば、

『その情報だけではお答えのしようがありません』です。

 

なぜならば、

不動産の価格というのは条件によって大きく異なります。

 

このエリアなら相場が30万円で、

こっちのエリアなど相場は50万円です。

 

というような簡単なものではありません。

 

エリアだけ見て判断するのは

大雑把すぎて何の参考にもなりません。

 

例えば、

道路と繋がっている土地と繋がっていない土地では

価値は全く別ものになります。

道路と言っても、私道ではなく、もちろん公道が

必要です。

 

近く迄道路がきていても、

自分自身(購入予定)の土地まで完全に繋がっていなければ

その土地の価値は大きく下がります。

また、道路の広さによっても価格は変動します。

 

インフラの状況でも大きく違います。

電気、水道、下水など

インフラが整っているのとそうではないので

大きな差が出ます。

 

もちろん、立地などでも大きく価格は変わります。

近くにどのような施設があるのか、

僕がよくいる、リゾート地などでは

海の近くなのか、それとも山奥なのかなど

 

多くの要素が絡み、

総合的に土地の価格は決まっていきます。

 

上記のことは本当に基本的なことで

誰にでも分かる事だと思います。

 

しかし、人はなぜか道を見失うものです。

楽してしまう生き物です。

 

 

こんな当たり前のことでも、

なぜか、見えなくなります。

 

大きな投資、買い物をしようとしているにも

関わらず、

調べ方がとても雑になります。

 

ほとんどの人は、

インターネットのそのエリアの相場を

少ししらべるだけで調べた気になってしまう・・・。

 

これは大問題です。

 

インターネットに答えはあるのでしょうか?

もし何かしらの答えがあったとしても、

 

インターネットにある情報が正しいのか

確認をしているのでしょうか?

 

残念ながら多くの人が

確認作業を怠っています。

 

まだ、日本の不動産なら情報が多いのでマシかもしれません。

海外の不動産ですらマトモに確認作業をしていない人が多いのです。

 

海外の不動産が怖いのではなく、

人の投資に対する姿勢の問題です。

 

投資とギャンブルは違います。

 

投資は、勝つべくして勝てるものを

選んでほしいものです。

 

 

さて、次回はもう少し細かく

不動産価格の適正値を知るための方法を

お伝えしていきます。

 

それではまた。

 

NEXT GROUP 代表 中邨宏季