速やかならんを欲するなかれ、 小利を見るなかれ。

 

 

早く結果を出そうとあせってはいけないし、目先の利益を追ってもいけない。

 

 

不動産投資をやって大体1年ぐらいが経つと、見る物件がすべて良い物件に

見えてしまうような錯覚に陥ることがあります。

 

 

その理由は、

 

 

自分の行動の正当化。

 

 

です。

 

 

つまり、貴重な時間を不動産投資に割いているにも

関わらず、物件が1棟も買えていない。

 

 

もしこのまま1棟も買うことができなかったら、

自分が今まで費やしてきた時間が無駄になってしまう。

 

 

そんなことはダメだ!

 

 

という思考回路と、不動産投資についての知識

ある程度ついてきたという二つの観点より、

 

 

悪い物件であっても、その物件の良い面だけを

見つめ、それを今まで培った知識で裏付けする。

 

 

という恐ろしい行動が始まるのです。

 

 

この現象を防ぐことは正直非常に困難です。

 

そんな時、この孔子先生の言葉をぜひ思い出して下さい。

 

 

日本には5000万の物件があります。

 

 

1日100個、新しい物件が世の中に出てくるとしても、1周するまでに

1300年(5000万 / 100個 / 365日です)の時間がかかります。

 

 

つまり、市場には新しい物件は常に出続けるのです。

 

 

良い物件を購入するためには、自分が設定した基準を

絶対に守ること(何か株式投資と似てますね)、

そして、気に入った物件が買えなかったとしても、

新しい物件は絶対に出てくるという気持ちを持つことです。

 

 

人生80年。1棟目の物件を購入するのに5年かかっても

良いと思います。

 

 

逆に、1棟目に良い物件が購入できると、不動産投資は

相当なスピードで加速します。

 

 

ぜひとも、妥協をしないで、良い物件を探してください。

今のような市況では、あまりキャッシュフローが出る物件

はないかもしれませんが、妥協はダメですよ!