9月になりましたね。今年も残すところあと4か月です。

 

 

物件の利回りは引き続き低下傾向ですが、物件の購入に向けて頑張っていきましょう!

 

 

さて、本日は、そもそも論として、不動産投資に向いている人の条件について

記載させて頂こうと思います。

 

 

私はせどりやアフィリエイトをやっていましたが、

全く続きませんでした。

 

 

一方、不動産投資に関しては、5年以上週末の時間を

ある程度割いていますが、全然つらくないです。

逆に週末の不動産投資の時間が楽しくてしょうがないです。

 

 

そこで、私の経験を踏まえ、今回は不動産投資に向いている人

の特徴を紹介させて頂きます。

 

 

不動産投資に向いている人、それは、

①週末の時間に地元以外に移動することがおっくうではない人(アクティブな人)

人と話すことが好きな人

 

 

の2点が大事ではないかと思います。

 

 

まず①に関してですが、

物件購入の絶対的な確立を上げるためには、購入の物理的範囲

広げることが大切です。

 

 

そう考えると、おのずと地元だけでは市場に出てくる物件の数に

限界が生じてきます。

 

 

つまり、物件を買うためには、週末の時間を割いて地元以外の地方を

回る必要性が生じてくるわけです。

この週末探検については、好きな人、嫌いな人が分かれる気がします。

 

 

地元以外の場所にいって、町の雰囲気や、その町独自の食べ物を食すことを

楽しむ。そういったことができる人が不動産投資に向いているものと思います。

 

 

次に②についてです。

 

 

物件を業者から優先的に紹介してもらうためには、業者との信頼関係を構築

することが絶対条件です。

 

 

とりわけ優良物件に関しては、誰もがほしがるわけですから、

業者は売り手を選ぶことができます。

 

 

そういった意味で、優良物件を手に入れるためには、

業者との関係を構築する。すなわち、人と会って話すことが

好きということが重要になってきます。

 

 

10社程の業者と懇意になることができれば、タイミングがあれば

良い物件情報が1年に一つは入ってくると思います。

 

 

一つ一つの業者との関係を構築、維持することは大変なのですが、

それを大変と思わず、楽しいと考えることができる人が

不動産投資で成功すると思います。