昨日のコラムでは、行ってはいけないセミナーについてお伝えさせて

頂きましたので、本日は行くべきセミナーについてお伝えさえて頂こうと

思います。

 

 

行ったほうが良いセミナーは、基本的には行ってはいけないセミナー

と逆のコンセプトで実施されているセミナーなのですが、

 

具体的には、

 

1. 新しい試みを紹介しているセミナー

2. 創業間もない会社が行っているセミナー

 

には参加しても良いと考えています。

 

 

まず、1.の新しい試みを紹介しているセミナー

なのですが、新しい事業の場合、投資家の方が

その内容をネット上の情報だけで判断することは

実質的に難しいものと思います。

 

 

ネット上では主催者に質問したりすることができない

からです。

 

 

一方、新しい投資のスキームの場合、市場に競合が

少ないことから、利益をしっかりと取れる可能性も

あるわけです。

 

 

そういった意味で、見極めをするために新しい事業を

紹介しているセミナーに参加することはアリなのでは

ないかと思います。

 

 

次は、創業間もない会社が開催しているセミナーです。

これはリスクもあるのですが、基本的には創業当初は

顧客が全くといって良いほどいないですので、

あなたがその会社の最初のお得意様になってしまえば、

優良物件を紹介してもらえる可能性が高まるのです。

 

 

一方のリスクに関しては、その会社がそもそも投資家を

だますつもりで設立された会社である場合です。

 

 

上記の2つの会社の見極めかたですが、実際にセミナーに

参加して主催者の雰囲気を感じることが一番良いのではないかと

思います。

 

 

妙にこなれている主催者であったり、

やたらと見た目が派手な主催者である場合は

少し距離を置いた方が良いかもしれません。

 

 

一方で、本当に創業間もない会社のセミナーである場合、

主催者はきっと若干ぎこちないはずです(笑)

 

 

投資の勉強、内見疲れした方は、息抜きにセミナーに参加して

みるのも良いかもしれませんね。