2015年、3月のあるひ

ぷるりんこー。。。♪

管理会社『どうも、たろうさん、葛飾区のマンション(区分)ですが、退去予告が入りましたのでそのご連絡です』

 

たろう『おーまいが!そ、そうですか、ざんねんです。では退去されたら内見したいので教えてください』

 

このお部屋、賃貸中区分のオーナーチェンジでしたから、まだお部屋内は見ておりませんでした。

 

4月のあるひ

ぷるりんこー。。。♪

 

管理会社『例のお部屋、退去立会いしてきました。エアコンがもう古いのと、一部クロス、クッションフロアを交換したほうが良いと思いますので、見積もりを作りますね』

 

たろう『はい、ありがとうございます。きんきん、内見してみようと思います。』

 

てことで、12万円くらいの内装復旧とエアコン交換工事を発注。

 

 

5月の連休あけ

 

ぷるりんこー。。。♪

 

管理会社『リフォーム終わりました!たろうさんは内見できましたか?これから物件紹介のほう頑張って、早く決めたいと思います』

 

たろう『あーまだ見に行けてないですが、ちかぢか見てきます。紹介のほう、よろしくです』

 

 

そして、何ヶ月か経った、9月6日のにちようび・・・

 

内見してきました(ミー、ウイン!)

 

 

案外広い部屋でして(30平方メートル)2人で住めなくもないような、そんなお部屋でした。という感想。(思い立って半年、やっとこ内見してきました)

 

 

つまり・・・

 

 

4月に空室になったのに、まだナウ!

 

空室なんですーーー(緊張感ゼロ)

 

過去最長の空室期間となっております。

 

 

募集家賃たかいんですかねーー(おなしマンションのほかのお部屋より安くしているんだけど)

 

 

この間、管理、修繕積み立て費だけでも10万円以上は払ってます。ミーはもう疲れたです。

 

次回、空室はこれだけじゃない編を書きます。いひひー(こわれそうです)