なぜ不動産投資は失敗するのか

 届いたメルマガのタイトルは、今のわたしには衝撃的過ぎるタイトルだった。吸い込まれるようにメルマガを読んでみると・・・

〜メルマガの内容〜

答えはカンタン、買った後のことを考えていないから。

募集や管理どうする?収支はどうなる?

前もって知っていれば、アパ・マン経営の8割の失敗は防げます。

失敗したくないなら☓☓へ。募集・管理・税金ほか全6回の総合講座です。

〜ここまで〜

メール

 

 痛いほど今のわたしに突き刺さる言葉だ。たしかにわたしは買った後のことをまったく考えていなかった。いや、考えられなかったのが正しい。初めての物件購入で、買った後のことまで考えることなどできなかったのだ

 「ちょっと怪しいなぁ」といった疑念を抱きつつも、ワラをも掴みたい一心で、メルマガに書かれている問い合わせ先に、メールで問い合わせしてみることにした。

 すると、一日も経つと返信が返ってきた。初回1時間は相談が無料ということで、実際に足を運んで相談しに行くことにした。事務所は、東京都板橋区の成増にあるという。

 その日は平日。仕事を急いで終わらせて、定時で会社を後にした。上司の視線が痛い。。。わたしの勤めている会社はいわゆるブラックに近い体育会系の会社で、特にわたしの働く部署は上司が絶対。定時を過ぎているのにも関わらず、上司より先に帰る場合は、「なぜ早く帰宅するのか」理由を伝えてから帰らないといけないという暗黙のルールがあった。

 「俺は誰のために働いているのだろうか・・・」

社内

 

驚きのアドバイス

 そんな毎日浮かんでは消えていく心の叫びを押し殺しながら、相談する不動産屋に向かった。駅を降り、事務所に前に到着して驚いた。わたしの知っている不動産屋とは大きく異なっていたからだ。

 窓ガラスにはいっさい部屋の図面などは貼っていない。その代わり、大きく「金持ち大家塾◯◯校」と書かれていた。怪しい、怪しすぎる。最初はそう思った。しかし、扉を開けてみると、意外にも明るく綺麗な事務所で、優しそうな男性が出迎えてくれた。

 そして、私は包み隠さず話した。正直にわたしが落札した物件はいわくつきの物件だったこと、地元の会社が誰も管理してくれないことなどをすべて伝えた。すると、わたしの想定していなかった返答がきた。

不動産屋さん「ななころさん、自分で管理してみたらどうですか?」

ななころ「えっ??」

 まったく想像していなかったアドバイスに、私は思わず固まってしまった・・・。

(つづく)

※注意

この記事は、私の実際の不動産投資体験をもとにしていますが、多少アレンジした「フィクション」として楽しんで頂けると幸いです。

 

━━<編集後記>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次のステップに進むべき時期に、人との出会いがある

 一期一会という言葉があります。

「そのときに会う人とはもう今生では会うことがない、それくらいの心持で真剣に相対することが大切だ」

 という意味だそうです。いろいろな「出会い」を大切にしていると、将来とても大きな意味を持つかもしれません。

出会い

 この頃のわたしは、毎日本当に悩んでいました。24時間、寝ている時も夢に出てくるほど悩んでいました。泣きっ面に蜂とはよく言ったもので、仕事でもミスを連発してしまったりしていました。

 どん底でした・・・

 

 しかし、そんなわたしを救ってくれたのが、人との「出会い」でした。どなたが言っていたか忘れたのですが、

「人は行き詰った時、つまり、次のステップに進むべき時期に、必ず最適な人との出会いがある」 

 という言葉は本当です。この頃のわたしには、偶然とは言えないほどのいろいろな出会いがありました。そして、見ず知らずのわたしを助けてくれました。その後のわたしの人生を大きく変えてくれました。

 今、もしあなたが何かに行き詰まっていたら、ぜひ出会いを大切にしてみてください。あなたの前に現れた人は、その後の人生を大きく変えてくれる人かも知れません。