皆さまこんにちは、さぬきうどん大家です。

 

最近クラウドファンディングのセミナーが相次いで開催されていて、今世界で活用されて国内でも盛り上がりを見せている新しい資金調達方法が一般化してきているのを感じます。

 

今回は国内最大手ブログサービス系列で購入型クラウドファンディングを運営している国内大手事業者から具体的な事例をお聞きしました。

 

ここでのクラウドファンディングとは、アイディアを持った人や団体が、インターネットサイト(クラウドファンディングサイト)を通じてプレゼンテーション(プロジェクト投稿)を行い、そのアイデアへの賛同者 (サポーター・財源の提供や協力)を集められる、現在世界で注目されている仕組みを指します。目標金額以上集まったらリターンとして、例えば実際の制作物や作品展示会のチケット、体験などを提供する仕組みです。

 

クラウドファンディング各タイプの概要として、投資型(前回までご紹介したタイプ)・寄付型(支援者が資金を寄付という形で提供し、何のリターンも発生しないタイプ)・投資型(支援者が資金を提供すると、その提供金額によって購入した製品や権利などの「モノ」がリターンとして発生するタイプ)があります。

 

現在、日本で行われているクラウドファンディングでは「購入型」が中心となっており、今回はその「投資型」のご紹介です。海外アメリカ等ではAスターター等、日本の何倍もの成長市場規模に成っています。

 

なぜ、日本で行われているクラウドファンディングでは「購入型」が中心となっていて、前回までの投資型が主流になっていないかといえば、投資型の方が審査が厳しいということがあげられるとのことです。

 

次に、購入型クラウドファンディングを活用するメリットが資金調達だけではない実施理由として、国内最大手ブログサービス系列を活かしたPRプロモーションで販売前に話題化・顧客巻き込み獲得型のプロモーションに活用出来る利点があります。

 

テストマーケティングで本格投資前にエンドユーザーの反応を見たり人数調査したり、顧客獲得により販売ルートを増やし先行予約販売を実施したり、実績作りとして金融機関の融資判断基準(銀行等と連携してマーケティングが上手くいけば融資へ)、流通側への実績提示に使われ始めています(大型の資金調達、販路拡大)。

次回に続きます。