確定申告とは去年一年間の所得を整理し、それに応じた税金(所得税)を申告・納税する仕組みです。不動産所得がある方は基本的に(年間収入が20万円を超える場合)確定申告をする必要があります。
ただ去年提出した(平成26年分の)僕の確定申告は不動産所得がマイナスだったため、去年は払い過ぎた所得税が還付されました。そう考えると去年の僕からすれば確定申告をする事は義務であると同時に権利でもあった訳ですね。

不動産所得がマイナスになった理由は

不動産取得がマイナスになったのは不動産経営にて取得できる家賃収入よりも不動産を取得・維持するための必要経費の方が多かったからです。
初年度は特に租税公課や損害保険料など不動産の取得やそれに伴う新規保険契約などによる初期費用が掛かる事もあり、計上できる必要経費が一段と大きくなる事が多いんです。ただ住宅取得税や火災保険(一括払い済み)については最初に1回だけ必要となる経費なので2年目以降は計上できませんし、減価償却費も年々計上できる額は減っていってしまいます。

去年の確定申告を公開

実際に僕が去年提出した確定申告の内容はこのようになります。

kakutei

簡単にご説明すると収入金額は会社員としてのお給料と不動産による賃料それぞれの総収入です。
一方、所得金額については総収入からその収入を得るために掛かった費用を差し引きした金額となります。
不動産の部分は物件の取得・維持に掛かるような必要経費を差し引きます。これは先ほど上で記載した内容が含まれます。
また会社員の場合はスーツや文房具など仕事に必要なものをいろいろ購入すると思いますが、その全てを税務署がチェックするのは現実的ではないため稼いだ金額に応じて一律に給与所得の控除額が適応される仕組みです。
そして最後にそこからさらに社会保険料控除、生命保険料控除、基礎控除などが差し引かれます。

これらの計算から僕の平成26年に課税される所得金額は922,000円となり支払うべき所得税と復興特別所得税の額は47,068円である事が分かりました。なので既に給与からの天引きとして支払い(納税)住みの94,200円から本来支払う47,068円を差し引いた47,132円が払い過ぎた(納め過ぎた)所得税として返ってくる(還付される)事になります。(勿論、ちゃんと戻ってきましたよ。)

いろいろと大きな数字が出てきた割には返ってくる金額は5万円程と意外と少ない印象もありますが、ただこの仕組み自体は金額が大きくなっても変わらないので是非覚えておきたいと思います。