みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

マイナス金利導入で、

今こそ購入しておくべきでしょうか?
それとも静観すべきでしょうか?

日本の不動産は元々上値余地があった

日本の不動産はまだまだ高騰する余地が残っている

と思っています。
マイナス金利相場というと特殊に感じますが、そうではなく

元々日本の不動産相場は上にも下にも行く余地が有り、
マイナス金利相場は上へといくきっかけに過ぎない

ということです。

いつ購入すべきか?

絶対的な指標を持ち、

自分の基準を満たす不動産であればいつ購入しても良い

わけですが。

今回はタイミングという意味で考えてみたいと思います。

これは当然いま購入すべきです。

アベノミクス相場の再現

マイナス金利相場を次の高騰相場と考えたとき、
これはアベノミクス相場の再現ということになります。

私が不動産投資を開始したのが丁度アベノミクス前で
その頃買った不動産は幸運にも
全てキャピタルゲインを抱える結果
となりました。

当然同じことが起きると予測するのであれば、
今仕込めば次の相場で含み益を得ることになります。
逆に、

アベノミクス前に購入するより今購入した方が良いと思うでしょうか?

答えの出ていることです。

どんな物件を購入すべきか?

ではどんな物件を購入すべきでしょうか?
もし私がいう絶対的な指標で買うのであればこれは間違いがありません。
問題なのはそうではなく次の高騰があれば含み益が出る物件です。

あえて例を出すなら

RC築30年前後で表面10%といった物件
今の高騰相場ならではの物件と私は分類しますが、

こういった今の相場物件を期待で仕込んでおくことは有りか無しか?

私の答えは無しです。

次の相場あるとは限らない

その理由は次の相場があるとは限らないからです。

マイナス金利の評価は先行する他国でもまだ定まっていません。

予測によって動くのは私は良いと思います。
ただ予測が外れた時を考えリスクとリターンの確率は
しっかり計算しないとなりません。

どうせ買うなら今が買い

どうせ買うなら今が買いです。
基準を多少下げてでも買いですが
リスクとリターンの関係は計算してください。

そして相場が来なくても運営していける物件を買うことは大前提です。

それには金利の上昇やもっと収益力の高い物件の台頭と
いったところまで想定を広げてください。
自分なりの負荷テストです。

良い物件が無いと言っている方は見つけるつもりが無いか
変な拘りを持っているだけです。

買うならタイミングが来ているとは
私は考えています。

少なくともマイナス金利相場になってからあえて買う意味はありません。

マイナス金利相場での買いは?

どんな相場でも運営していける物件、
私のいう絶対的な指標で買う物件であれば
相場に関係なく問題ありません。

マイナス金利終了後は?

そこまで待つのがそもそもリスクです。
探すのが面倒なだけでは?

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!