繁忙期の注意点。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

 

繁忙期に突入しましたね。
この時期は、賃貸経営をしている者にとっては重要な季節です。

地域によっては、この季節を逃すと致命的だったりします。
最悪、半年~1年間の空室を覚悟しなければならないなんてことも。。。。

 

3月の新学期や入社シーズンで需要が急増するこの時期に、一気に空室を決めてしまいたいところです。

 

 

ところが!

 

 

実は、空室が増える時期でもあるんですよね。
これがまた。

 

当然、卒業などのシーズンでもあるわけです。
退去される確率だって上昇します。

 

しかも、間の悪いことに卒業で退去となる場合は、退去日が3月末日だったりすることが多いから困ってしまいます。

 

3月末日に退去では、原状回復工事を頑張って一週間で終わらせたとしても、繁忙期は終わってしまうことに。。。。

 

退去だけ増えて、繁忙期は終わって、空室期間が延びてしまいます。
これをなんとか減らすための対策が重要となってきます。

 

とりあえず、お願いしてみる。

退去となる場合は、管理会社から退去日の1ケ月前に大家さんへ連絡が入ります。

その退去日が3月末日だった場合は、入居者さんに相談してみましょう!

 

何を相談するのかというと、退去予定日をできるだけ前倒ししてもらうのです。
退去予定が3月末日と言っていても、実は3月20日には退去可能であったりすることも多いです。

 

これを3月20日退去予定に変えてもらうとどうなるでしょう?

3月20日に原状回復工事業者さんやハウスクリーニング業者さんを手配することで、ギリギリ繁忙期シーズンに参戦できる可能性があります。

原状回復工事中でも、完成予定図や隣の部屋の写真などで案内してくれる管理会社さんも多いはずです。繁忙期であれば、それで決まっちゃうことも十分にあり得ます。

 

このひと手間をかけることで、空室率が改善する可能性があるならやらない手はありません。ぜひ、繁忙期の退去予定時には試してみてください。

 

できる管理会社さんだと、こちらから言わなくてもやってくれていたりもします。
そういう場合は、信頼してお任せしていればいいですけど。

管理会社さんの本気度を探る機会としてもいいかもしれません♪

 

それにしても。

私の物件は、57戸がいまだに満室のまま退去の連絡がありません。
もう半年くらい退去連絡がないなんて驚きです。

それは、それで嬉しいのですが、繁忙期に満室なのは少し不安になりますね。

 

3月末日や4月の退去がいっぱいきそうで。。。。。
どうせくるなら、早く知りたいです(笑)

 

繁忙期を逃して苦労することになったら嫌だなー。
と思うと少し不安にもなります。

 

贅沢な悩みではありますが♪
結局、どんなときでも心配の種はつきないということですね。