現在私は千葉に住んでおりますが、遠隔地である福岡県にも物件を3棟持っております。

人に良く遠隔地の物件を持って管理できるの?

と聞かれる事がありますが、結論「出来ます!」と答えております。

しかしながら、遠隔地ならではのメリットでメリットがございます。

遠隔地物件のメリットとは・・・

遠隔地物件のメリットは、購入物件のエリアが広がる事で良い物件が購入できる可能性が広がる事です。

やはり、近隣ばかりで探していると良い物件を購入できる確率が低くなる可能性があります。

自身の率直な感想として・・・

自身が比較的好んで購入する癖有り高利回り物件が地方ではライバルが少ないのか残っているケースが多く感じられております。

現に福岡県に保有している3棟の物件とも大手サイトに掲載されており、売れ残っていた物件となります。

では遠隔地物件のデメリットは・・・

誰でも分かる事かもしれませんが、何かあってもすぐに現地にいけないという事です。

それに付随して特に困るのは・・・

退去時のリフォーム内容です。

やはり現地をすぐに確認できない事もあり、リフォームを管理会社任せになりやすいです。

また、リフォーム会社も管理会社を通している事から、リフォーム費用が通常よりも割高になる傾向があります。

他にも当然管理会社担当者とのコミュニケーション不足になりやすいとは思います。

※ただ全てのデメリットも信頼できるリフォーム屋さんや管理会社を見つける事により、対策する事は可能です。

結論は・・・

遠隔地物件って大丈夫なのか?

上記メリット・デメリットを踏まえた上でもメリットの方が圧倒的に大きく、今後物件を拡大していく事を目的であれば、当然遠隔地物件を購入できるよう動いていくべきだとは思います。

多少リフォーム費用が高くとも良い物件であればそれを上回るほどのメリットを得られます。

自身も3棟の遠隔地物件に関しては、購入後1度しか見にいっておりません。

それでも19/20の入居率となります。

遠隔地管理が出来ているというよりも入居率の高い物件を購入できた事が高い入居率を保てている大きな要因だと思います。

「何かあれば自分の目で確かめないとダメだ」

「ちょくちょく現地を確認しないと気がすまない」

などの方は遠隔地物件は向かないとは思いますが、遠隔地物件を保有しうまくまわす事が出来れば、不動産投資のレベルアップにつながるのではないかと思います。