防災科研の地震ハザードステーションは、地盤の良し悪し、活断層、地震が発生する確率等々、色々な要因をすべて考えたうえで、その地点の地震の危険性を示してくれます。

地震が起きやすい所、起きにくい所、地震が起きた時に揺れやすい所、揺れにくい所。日本全国様々です。私は色々と不動産と自然災害の相談にのってきました。

皆さん、色々と情報を集めて、悩んでおられます。しかし、一生懸命、調べたり、悩んだりしているわりには、あまり正確には状況を理解しておられない方々が大部分です。

地震の危険性については、あまり悩まずに「地震ハザードステーション」だけ見てください

一般の方が、変に色々な図面や資料を見て誤解するよりも、地震ハザードステーションだけみたほうがいいです。

地震ハザードステーションというのは、開発法人防災科学技術研究所(防災科研が略称です)というところが作っています。防災科学技術研究所というのはあまり聞かない名前ですが、れっきとした国の機関で、地震災害の軽減に資するための総合的な研究開発をやっています。

地盤の良し悪し、活断層、地震の起きる確率→全部考慮した地震の危険性を示しています

地震ハザードステーションを見ると、最初の画面は「30年、震度6弱以上の地震に見舞われる確率の分布」という図面が出てきます。ここで皆さんに理解していただきたいのは、この図面は:
そこの地盤が良いか悪いか、活断層の活動度、色々な地震(例えば南海地震)の起きやすさ等々、色々なことが全部反映された総合的な地震の危険性を確率で示している。
しかも:
膨大な数の地形・地質データをもとに、250mメッシュで検討されているので、非常に細かい地盤の条件などが反映されている。
ということです。

一般の方が、活断層の地図を見たり、ボーリングのデータを見たり、●●地震がいつ起こるかといったこと等々について悩んでいることが、全部含まれたうえでの「その土地がどれくらい揺れやすいのか」といった図面であることです。

しかも、30年間の確率といった数字になっているので、不動産投資をするうえではかなり使いやすいものになっていると思います。

この図面で示されているのは確率です。ですから、揺れにくいとされた場所であっても、大きな地震で被害を受けることはありますし、揺れやすいとされた場所でも地震の被害がない場所もあります。また、液状化や津波の危険性は示されません。

しかし、地震で揺れる確率がどの程度あるかといった点では、現在の地球科学の知識が結集されたものになっています。

ただ、このハザードステーションを活用するには、もう少し解説が必要です。次回で活用法を解説します。