みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

不動産の世界ではキャピタルゲインを出すのはたいへん難しいです。
しかし中でもキャピタルゲインを出しやすいパターンについて
今回は6つのパターンを説明したいと思います。

土地値で買う

土地値投資であればキャピタルロスは殆ど出ません
空室を埋めたり、リフォームして家賃を上げるといった簡単なことで、
キャピタルゲインを出すことは可能でしょう。

物件を見つけるのが難しいですが探せばあります。
私自身は戸建てで1戸このパターンを持っています。

バリューアップする

通常の物件をお金をかけてバリューアップします。
この時重要なのは、収益還元法で、
インカムゲイン+キャピタルゲインで割に合う範囲
でバリューアップすることです。

センスが問われるのと都会向きのやり方です。
私自身は池袋のアパート売却の時にやりました。

問題物件を再生させる

問題のある物件を買い普通に戻します

実はこれが一番簡単かも知れません。
こういう物件は見つけやすいですし、
努力次第の要素も強いです。

これを危険と言って普通の物件しか扱わない不動産会社は
私はそちらの方が危険ではないのか?
とよく思ってしまいます。

私自身は大家1年目で偶然にも体験しました。

新築で利回りを出す

土地から仕入れて、
利回りを上げる工夫を自分で行う新築であれば、
築浅の範囲であればキャピタルゲインは出ます。

私がやっていることで、
これからもっとやっていきたいやり方です。

現金向き投資は?

現金向き投資に関しては、
これは難しい面があります。
なぜなら売るときも現金向きになってしまうからです。

市場の変化

実はこれが一番キャピタルゲインを自然に出すのに多いのだと思いますが、
市場の変化による値上がりです。
アベノミクス前に多少でもリーズナブルに買えていれば
今は相当なキャピタルゲインを抱えているでしょう。

私も運良くこのパターンです。

労働力投入

顕著な例で言うと、
ボロ戸建てを買って自分でDIYするようなケース
はキャピタルゲインが出やすいです。
これは労働力をキャピタルゲインに換えている
とも取れるやり方ですが。

実は上記のパターンでも時間を注ぐ要素が多く含まれていたりします。
例えば新築や、再生物件といったパターンなどはかなり
自分の時間をキャピタルゲインに換えている感
があります。

まとめ

土地値で買う
バリューアップする
問題物件を再生させる
新築で利回りを出す
市場の変化
労働力投入

以上6つのパターンを取り上げて見ました。
いくつかは今後掘り下げてみたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!