みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

今期は戒めもかねて自分でできるところはなるべくやりました。
しかし、本当にそれで良いのか?
それが本当に大家のやることだったのか?

という思いもあります。

今回は大家が本当にすべきことは何か?

について書きたいと思います。

経費を浮かせることが本当に重要か?

大家が自分で作業すれば1日で何万円も浮きます。
人に任せる分の経費を浮かせることができます。
このお金は赤字とか黒字とか関係なく、

やった時とやらなかった時の差としてどこまでも口座の残高として残っていきます(ただし税処理は発生します)。

しかし本当にこれが一番大家にとって大事なことでしょうか?

大家にとって一番重要なことは?

では逆説的に大家にとって一番重要なこととは何でしょうか?
DIYや経費を浮かせることではないとしたら?
何がそれらより重要なことでしょうか?

私はいつもこう考えるようにしています。
すると答えに行き着きます。
DIYはがんばってもその場で何十万円か浮くだけです。
DIYが行き着く先、数百万円もの費用を減らせるようになったらまた話は違いますが、それは出来ても滅多にないタイミングです。

一番大家にとって値千金なこととは、

空室を埋めること

やはりこれです。

客付けの価値

大家にとって実は客付けほど価値のあることはありません。
当たり前という方にも今後もっと深遠な世界をこの先のコラムでお教えしたいと思いますが、今回は一般的な範囲で考えても、

毎月家賃が継続して入ってくる

という他とは違う要素があります。
さらに、もっと凄いのは目先の家賃ではありません。
物件価値です。
前者は足し算の世界です。
もちろん時間軸で少なくともDIYよりは大きな価値にすぐになりますが、
後者はかけ算の世界なのです。

大家とは拘りを捨てる職業である

例えばDIYで何十万円か浮かせたとしても、
そんなもは6万円の家賃の部屋を客付けした方が
半年後、1年後、はるかに得です。
まして物件価値で考えたら、

客付けできたという事実が数百万もの価値

となります。

先のコラムで職人さんが大家に向かない理由の1つはプロ意識が強すぎてしまう点であることを書きました。
今回もそれと同じで、大家は目先のお金で動いては本来いけないのです。

継続する価値

本当に大きな価値を取りに行かなければなりません。

目先の経費を浮かせることに没頭し、客付けできないなら、
本末転倒未もいいところです。

実は私もこの点を今期は何度も反省していました。
なかなか他人に任せることができずに。
そんなことをしているくらいなら私はそれらを人に任せ、

大家自身は1部屋でも多く埋めるべく動くべきだ

と思いました。

拘りを捨て最も効率の良いところを取りに行く。
大家の資質として求められるのは常にそこです。

それができない人は大家には向いていない
ということも意識してもらえればと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!