こんにちは!

GOLF3333です。

しばらく記事を書いていませんでした。

前回の投稿は何と3月末。

 

深い理由があったわけではないですが、単純に仕事が忙しかったからですね。

 

さて、今日は外に出ない不動産物件をどうやって見つけるか、について書いていきます。

 

 

広告転載不可物件

物件情報に「広告転載不可」という記述を見た頃はありますか??

これは元付業者が、客付業者のホームページやチラシなどへの広告掲載を禁止しています。

もちろん、レインズには掲載されているので非公開というわけではないので建前上は「事情があるので表に出したくない。手持ちの顧客だけに紹介してください」ということです。

 

本当に事情がある場合もあるとは思いますが、法律上レインズに載せているだけで実は両手を狙っている場合も多々あります。

その場合は自社で売れる自信があるということなので、優良物件の可能性があります。

 

その物件は、インターネットで物件を探していて見つけることはできません。

見つけるためには、不動産屋とリアルに仲良くなることが近道です。

 

 

グレーゾーンなので、仲のいい人にしか教えない

元付業者は売主に「両手狙いたいので広告掲載不可でいいですか」などと確認を取っているわけではありません。

しばらく自社で物件情報を抱えて自分の顧客だけに紹介して、それで売れずに売主がうるさくなってきたら「しばらく反響がなかったので値下げしましょう」などと言ってもう少し抱えてそれでも売れないと広告OKにして、売り捌いていきます。

 

その間、他業者からの問い合わせも断っています。

両手を狙ったせいで、売主の売却機会を逃しているのです。

これはモラル的に信用を失う行為です。グレーゾーンです。

 

不動産業者も「売主にバレたら怒られる」かもしれないので穏便に売りさばきたいのです。

そうすると必然的に事情のわかる業者間取引や、お願いを聞いてくれる仲のいい顧客に優先的に紹介するようになります。

 

入り口はインターネットでもいいので、不動産屋とはリアルにあって仲を深めることで外に出てこない情報に巡り合う可能性が高くなります。