前回に続いて、日本で地震被害リスクの低い都道府県庁所在地、第4位から第8位までです。

第4位 山形県山形市

30年間震度6強以上地震確率:0.3%

全体にしっかりした地盤であること、活発な活断層が近くにないこと、海溝型の地震から遠く離れていることがリスクの低い理由です。山形県は大部分の場所で地震リスクは低いのですが、酒田のほうは沖積平野になって地盤が少し悪くなるので、地震リスクも少し高くなります(同じ庄内地方でも鶴岡は地盤がいいのでリスクは低いです)。

第5位 福島県福島市

30年間震度6強以上地震確率:0.4%

しっかりした地盤であることと、海溝型の地震から離れていることがリスクの低い理由です。ただ、福島県は場所によってリスクが大きく異なります。内陸の福島、郡山、会津若松などではリスクは比較的低いのですが、海側の地域ではリスクが高くなります。これは海溝型の地震に近いことと、河川でできた沖積平野が多いためです。

第6位 島根県松江市

30年間震度6強以上地震確率:0.4%

松江の町は全体にそれほどいい地盤ではないのですが、地震リスクは低くなっています。これは地震そのものが起きる確率が低いためだと思います。確かにこの地域は歴史的に地震被害が少なく、大きなものとしては西暦880年に出雲で少し大きめの地震があった程度です。

ただ、地震がまったく発生しないわけではないことに注意です。例えば隣の鳥取も地震が少ない地域ですが、1943年にはあまり大きな地震ではないにもかかわらず大きな被害が発生しました。これは地震に対する備えが少なかったためですね。

第7位 山口県山口市 

30年間震度6強以上地震確率:0.4%

山口のリスクが低いのは、地盤がいいことと大きな地震が発生する可能性が低い(松江ほどではないですが)ことによると思います。

ただ、山口県でも瀬戸内海に近い地域(防府や宇部)は軟弱な地盤が多いので、もう少しリスクは大きくなります。

第8位 兵庫県神戸市 

30年間震度6強以上地震確率:0.5%

神戸の街全体で考えると、地震のリスクはかなり大きく、ワースト10に入るくらいになります。しかし神戸市がここにランキングされてしまうのは、このランキングのリスクは、各都道府県庁の位置で判定しているためです。兵庫県庁は非常に良い地盤の上に建っているので、震度6強以上になるリスクは低くなるのです。

私が1995年の阪神淡路大震災の調査に行った時も、平野部ではすさまじい被害であったのに、山のほうに上っていくにつれ、被害が急激に減少していたことを思い出します。