内本です。法人の場合7月に実施すべき作業があります。この話と動画の活用について書いてみます。

法人が7月にすべきこと

7月上旬に必要な作業

法人化している場合、7月にすべき作業があります。

社会保険関係と税務関係の作業です。

社会保険関係は年1回で7月1日から10日の間に提出、税務の方は所定の手続きをしていれば年2回の納付期限になります。

「算定基礎届」の提出

社会保険関係の書類

社会保険に加入している場合、6月中に年金事務所から「算定基礎届等の提出のお願い」の文書が届きます。

毎年1回、7月1日現在の被保険者の標準報酬月額を決定するために必要な手続きです。

7/10までに郵送提出(または年金事務所等へ持参)になります。

 

提出書類は3点

提出するのは以下3点になります。

(1)被保険者報酬月額算定基礎届(算定基礎届)

(2)被保険者報酬月額算定基礎届 総括表

(3)被保険者報酬月額算定基礎届 総括表 附表(雇用に関する調査票)

 

実際の提出書類

これらは、初年度は社会保険労務士の先生に作成をお願いすれば、2年目以降は自分で作成できるレベルです。

昨年提出したものを見ながら書いたところ、10分ほどで完成しました。

↓実際に作成した書面

 社会保険事務所書類

 

 

 

 

 

役員報酬(給与)など源泉所得税の納付

源泉所得税の納付

法人の役員報酬(給与)など源泉所得税ですが、所定の手続きをしている場合の納付期限は上期は7/10(下期は1/20)です。

 

源泉所得税は、個人でも家族にお給料を払っている人や、法人を運営している人が、給料から引いて預かっている税金です。

 

納期特例の適用で年2回

通常毎月払うのですが、納期特例を適用していると、1年に2回の支払いでOKになります。

 

その2回は7月10日と、1月20日です。(休日の場合、翌営業日です)

 

納付書の例↓ ※源泉所得税は銀行でも納付できます

納付書

 

 

 

 

 

 

税理士等の報酬も

給与の他にも、決算時の税理士報酬や物件購入時の司法書士報酬源泉徴収分などがあります。

それぞれの支払額源泉徴収分支払日などを一覧表でまとめて、後からわかるようにしています。

 

これらの書面作成が意外と面倒ですが、初年度にきちんと書類を作成していれば、2年目以降はそれほど時間はかからないと思います。

以上が法人の場合、7月上旬に必要な作業です。

 

モデルルーム動画の活用

仲介会社への営業

5月下旬に購入した全空物件(元社宅)ですが、おかげさまで順次入居申込みを頂いています。(A・C棟 3LDK×10室、B棟1K×18室)

物件は都心ターミナル駅へ約15分のJR駅から約2kmの場所です。
(最寄駅から徒歩10分強)

 
自分でも近くのJR駅などの仲介会社さんをまわって営業しています。

モデルルームの動画

実は知人大家さんから、物件モデルルームの部屋を見学させてほしい、とお願いされることがありました。

モデルルーム

 

 

 

 

 

そのような時にモデルルームの動画を見てもらえば詳細がわかります。

自分のブログやFBに動画をアップしたところ、部屋の魅力が伝わる動画で、わりと好評でした。

 

実はモデルルームの家具管理会社インテリアコーディネーターの方に揃えて頂いたものです。

家具設置後に管理会社提携のセミプロカメラマンの方にお部屋の写真や動画を撮影頂きました。

 

内見案内前に様子がわかる

仲介会社の方が入居者を内見案内する際にも先に動画を見てもらえばお部屋の感じが伝わります。

遠隔地から首都圏に転勤される方にとっては、事前に様子がわかるので、メリットがあると思います。

いろいろなツールを活用して早期満室にできるよう、引き続き頑張りたいと思います。