先日、都税事務所から1通の封書が届きました。

恐いですね。恐る恐る中を開けると、

難しい内容の説明が。。要約してみると

巡回してわかったことだが、貴方のアパート併設の駐車場が時間貸し駐車場(コインパーキング)に変わっている。つきましては、固定資産税の税額が変わります。異議がある場合は連絡ください。

とのことです。巡回ってほんまかいな? はい、確かに変えてます。

それにしても、私は知りませんでした。月極駐車場をコインパーキングに変えると、固定資産税額が変わることを。(まあ、ほとんどの方は知りませんよねー)

そうこうしている内に毎年この時期に送付されてくる、固定資産税課税明細書が届きました。

こちらも恐る恐る開けてみると、ナント!去年と比べて、この物件の年税額が10万円近く上がっております。増税です!

うーん、これはイタイ!

なんとかならないものか。。

そこで、都税事務所から送られてきた以前の図面をまじまじと見ました。時間貸し駐車場に変更したことは紛れも無い事実なのですが、実は、一部分は入居者用のバイク、自転車駐輪場として確保していることを思い出しました。

 

この部分を直接相談してみよう。

早速、都税事務所に電話をして担当者とアポを取り訪問しました。

担当職員は、すごく丁重に対応してくれました。

私が、一部分を入居者用の駐輪場に使っていると主張したところ、

「入居者用駐輪場であるという看板とかサインが無かったようですが、、」

貼ってあったが、最近、風かなにかで飛んで行ってしまったと答えると、不審そうな感じです。

これは、困ったと思いました。

そうだ!ちょっと前の写真がネット上にあるかもしれないと思いつき、スマホのグーグル音声認識にて、物件名と場所を言い検索をかけたのです。

多くの写真が出てきたのですが、スマホの小さい画面で根気よく探しました。

すると、あったのです! サインが映っていて、バイクが停まっていて、駐輪しやすいように段差を消す段差スロープの存在も映っていました。

すかさず、その写真を担当者に見せて、とりあえず一応の納得をしてもらえました。

これが認められた場合の、減税年額は、約5000円くらいとのこと。少な!

まあ、無いよりはましか。

それにしても、税法の世界は難しいですねー

 

■今日の教訓!

税務署の職員はやさすいーとです。わからないことがあったら気軽にきいてみよう!