今日も読んでいただきありがとうございます!

ママチャリ大家です。

自宅から、5キロ圏内で不動産投資を行い、「ママチャリ」を駆使して、7棟すべて自主管理しております。

毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、取引のある地銀営業担当とミーティングを持ちました。

この営業マンとは、2か月に1回くらい種々情報交換をしています。

時には、投資信託などの営業も受けますが、やんわりと断っています。

この営業マン、最近、メガバンクからアパートローン融資(2億円)を受けているオーナーから借り換えをゲットできたと喜んでいました。

メガバンク2.5%から、この地銀0.7%への借り換えでした。やった方が、断然有利ですよね。

どうやって成功したのか、聞いてみると、

 

外回りをしている時に、新し目のアパートやマンションを見つけ、住所をメモる。

銀行に戻り、その住所を元に、インターネットで「登記簿」を取り寄せる。数百円で簡単に取り寄せられるとのこと。

その登記簿を見て、オーナーの住所、債権額(借金の金額)、現状の金利などを調べる。

電話番号は載ってないので、その住所に直接訪問して、営業を掛けるのだそうです。

ほとんどが、インターホン越しの門前ばらいですが、「金利が0%台になる可能性があります」と言って、名刺をポストに入れて帰ると、あとから電話が掛かってくることがあるそうです。

 

そうまでして、肩代わり(借り換え)を取ろうとしている営業姿勢に敬服しました。

メガバンクは、このような地道な草の根の活動はしないでしょうから、地域密着型の地銀、信金、信組には、商機ありですね。

逆に、メガバンクから、アパートローン、住宅ローンを借りている方は、地銀、信金、信組への借り換えを検討しても良いかもしれないですね。