お元気ですか、お宝トミーです。

 

今回のコラムは、大家は月末に通帳を見るだけは、本当なのか?

というタイトルでお送りいたします。

いまだに、不動産投資本を眺めているとその手の話に出くわします。今は、マイナス金利の影響もあり銀行融資もゆるくなっているのも事実ですが、その話に乗っかって収益不動産を買えさえすれば、どうにかなると甘い妄想を夢見て不動産投資に参入しようとしている人も後を絶ちません。

でも、少し考えてください。

私がさんざんコラムで言っている

「世の中甘い話など一般人には回ってこない」

どう解釈していますか?

 

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

不動産投資はあくまで事業です

投資と名の付くもので、銀行から融資を引くことができるのは、不動産投資しかありません(笑)。

でも、金融機関には絶対「不動産投資をしたいので、お金を貸してください!」なんてことは口が裂けてもストレートに言ってはいけません!

金融機関には「投資」と言う言葉はNGワードです。

あくまで、不動産賃貸業としての事業にお金を融資していただきますので、「投資」と言う言葉は禁句になります。

普通のサラリーマンが、事業資金を借りるなんて昭和の時代には絶対ありえませんでしたので、時代は変わったものです。

不動産投資と一概に言っても、紙の資産たとえば株と違って購入後かなりの手間ひまがかかります。

それが煩わしいので、管理会社があるのでは?

そういう意見もあると思いますが、管理会社が最後の意思決定までやってくれますか?

それは、もちろんオーナーつまり大家がやることになります。

リフォーム丸投げ、募集丸投げ、滞納問題丸投げ

そんなことをやっていたら、恐らく相当な収益物件でない限り利益は出ないのではないでしょうか?

もし出るとしても、かなりのリスクを負った大型物件かもしれません。

不動産投資は、あくまで事業です。これは、一度立ち止まって考えるべきことだと思います(プラスリアルマネーゲームの要素があるのは、認めますが)。

 

この際、甘い幻想は捨てるべき

 

フルローンで行くと多額の借金 → でも運営は楽ちん(物件が築浅の場合)

築古で行くと借金なし(現金買い)か少しの借金 → でも手間がかかる(物件がボロい場合)

 

あなたは、どちらで行きますか?

折衷案ももちろんありですが、やはり全自動と言うわけにはいかないです。

どちらも覚悟を決めて、甘い幻想を捨てたとき

始めて、不動産投資の門は開かれます。

 

大家は月末に通帳を見るだけは、本当なのか?

そんな話いまだに信用しているのなら、黙ってサラリーマンを続けなさい

そう、コラムのサブタイトル通りになってしまいます(笑)。

大家は思った以上に、面倒なことが多いです。

全てが面倒になったとき、それは売り時なのかもしれませんが、損切りしないで手仕舞い出来る人がどれくらいいるのか?

不動産投資は、そんなに甘い世界ではありません。

あなたの損切りする物件を、今か今かと手ぐすね引いて待っている人もいることを忘れないでください。

そのような物件がたくさん出た時、不動産市場のバーゲンセールが始まるのです。

あなたは、どちらの側に立ちたいですか?

 

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で