必殺は火事も経験しています。

その時のことを書いてみたいと思います。

 

大家にとっていくら火災保険に加入しているといっても火事は一大事です。

やはり火事=死亡事故と直結しますからね、

3年ほど前の日曜夕方に事件はおきました。

 

その日は家族で回転寿司店に行き、30分程の順番を待ち、

やっと席についたとたん携帯が鳴ました。

(近隣の不動産屋さん)必殺さんのアパートが火事だよ!!

(必 殺)え??物件の近くででしょ???

(不動産)いやいや必殺さんの物件だよ!!

(必 殺)じゃあ、一応消防署に聞いてみるよ

(コノ時点では全く心配していませんでした。だって火災なんて宝くじの確率です。)

※確認のため119番へ電話

(必 殺)私のアパートが火災で燃えているとの情報があるのですが、本当ですか?

(消 防)ハイ燃えています!すぐに現場に来てください!!

(必 殺)マジですか!Σ(゚д゚;)

(消 防)ハイ、マジです。入居者名簿があればもって来てください。

(必 殺)すぐ向かいます。

入居者名簿(契約書ファイル)と鍵をもってアパートに向かうと







IMGP0914_convert_20120515191501
ほんとうに燃えていました!(実際の写真です)

全焼です

ひえーーーーー!?(゚〇゚;)

これにはホントにビックリです。

私が到着した時にはほぼ消し止められていて、

住民の安否確認の最中でした。

 

ちなみに物件スペックは・・・

築45年・木造2階建・12戸2K

(関西用語で文化住宅です)

火事の1年ほど前に1千万で購入

1000万ほどかけて外装・内装・フル改装

(風呂新設・和式トイレ→洋式トイレ・エアコン設置など)

12戸満室で月に約40万ちょいの家賃収入がありました。

入居者は半分以上は高齢の方で逃げれたか心配でしたが、

出火したのが夕方6時すぎという事もあり、

ケガや亡くなった方は一人もいませんでした。

これは不幸中の幸いです。

IMGP0915_convert_20120515191541

 しかし写真では分かりにくいですが、

室内は焼け焦げていて、とても人が住める状態ではありません。

しかも皆、高齢の独身者で身寄りのない方ばかりです。

こんな時はどうしたらいいんだろう?

大家がホテルの手配しないといけないのかな・・・?

そんな時、市の職員が現れ、

職員)今日泊まるところのない方は近くの公民館を解放しますので

   そこで宿泊してください。

とのことでした。ありがたいです。

※火事などの災害の際は日曜日でも市の当直職員が対応するんですね

その後、23時ごろまで現場でいろいろ対応し帰宅しました。

 

後編につづく・・・