みなさまこんにちは!

ストレージ大家のひらです。

一財産築く。
良い言葉ですよね。
甘美な言葉です。

意味は人それぞれかも知れませんが、

私はその財で一生食べていけるだけの額と思っています。

一財産は途方もない額ではない

とは言ってももちろん途方もない額ではありません。
例えば年収500万円、定年まで20年の人なら1億円です。
退職金が出たり昇給があったりもっと若い人ならもっと増えます。
ですが所詮何十億という訳ではありません。

もっと無いと生きていけないと言う人、
もっと多くの額がないとリタイアは出来ないと言っている人は、
会社員のままでは生きていけないと言っているのと同じです。

不動産投資も事業

この金額であれば不動産投資でも現実的です。

不動産投資も事業ですから。
あたればその額は一千万単位です。
億単位もあります。

薄利な世界と言われますが、
それでもロットの大きさ(投資する金額)が大きいですから。
成功した時の額も自ずと大きくなります。
成功すれば一財産は築けます。

不動産の利益一体どこから来るの?

ではそのお金とはどこから来るのでしょうか?
これはもちろん皆様からの賃料もありますが、
本質的には不動産市場から吸い上げるものと私は考えています。
この部分はまた機会があれば掘り下げても良いかなと思っていますが
かなり大量な文章が必要の部分なので今回は触りだけとします。

みんなが幸せにはなれない

しかしこう考えてください。
では、もし全員が不動産投資をやりたいと考えたならそれは果たして成り立つのだろうか?

もちろん成り立つわけがありません。
それどころか全員が大家になれる訳でもありません。
そして不動産の市場から得られるお金にも限りがあります。
そして市場は縮小していっています。

市場から吸い上げられるお金には限りがあ

そして歪みはいずれ消えていきます。
美味しい世界があるとわかればみな参入してきます。
やり方がわかれば真似してきます。
そして歪みは無くなります。

そうなる前に

そうなる前に。
不動産投資で一財産築きましょう。
一財産築いてしまえばこっちのものです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!