こんにちは♬ OL大家なこです。

楽待コラムを1記事書いただけなのですが、

「楽待コラムニストになられたんですね!」

と多くの投資家のみなさまから言っていただきました!

 

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

 

私は21歳の大学生のときに不動産投資を始めようと思ったのですが、

それを伝えるといつも聞かれることがあります。

「親が不動産関係なの?」

「融資は?」

「どうやったの?」

ひとつずつ解説します。

 

親は不動産関係なの?

親は不動産関係ではありません。

両親は自宅のみ所有しています。

母は私が不動産投資を始めると言ったときは、

否定せず、一緒に物件を見に行ってくれたり、

銀行に行ってくれたりしましたが、母名義では物件購入していません。

父は私が物件を購入しても、ふーんという感じです。

不動産投資を始めて3年ほど経ったのですが、ようやく私の物件を見に行ってくれました。

しかし、両親が反対しないで好きにさせてくれたことが、本当によかったと思います。

 

融資は?

私は今、3つの物件を銀行融資で購入しています。

基本的に学生だと、融資どころか話を聞いてくれない銀行が多いです。

しかし、諦めずに1か所ずつ銀行に相談に行きました。

最終的には私の熱意で、融資担当の方が上司に掛け合ってくれました。

 

どうやったの?

物件情報をインターネットで探して、物件を実際に見に行き、買い付けを入れることを繰り返しました。

不動産投資を始めようと思ってからの9か月間、一棟目が買えずに、もやもやしていました。

買えないんじゃないかなと、この努力はムダかもしれないと、落ち込むこともありました。

しかし一棟買えたら、そこからはほとんど努力しなくても物件を次々購入できるようになりました。

逆にこの9か月間不動産投資を勉強しつづけたことが、

知識なく変な物件を買わずに済んだのだと、

今となってはよかったと思っています。

また、知り合いの投資家の方や、不動産業者の方など、周りの方が協力してくれてなかったら、

きっと買えていませんでした。

 

まとめ

不動産投資を始めようと思ったのなら、属性が悪くても、お金がなくても、

諦めないでやり続けることです。

私より条件が悪いスタートの方はほとんどいないと思います。

買えない理由を言い訳せず、がんばりましょう。

私は今までやりたい仕事がなく、将来の夢も特にありませんでした。

不動産投資に出会って、不動産がとても楽しくて、

一生不動産に関わっていきたいと思います。

また、人生の漠然な不安も減りました。

それなので多くの人に、若くても不動産投資が出来ることや、

不動産投資を楽しみながらやっていくことを、伝えていきたいと思っています。