わたしはサラリーマン時代から、リタイヤした後のことも考えて、不動産業者に紹介してもらえるから大丈夫!と頼り切ることはしないようにしていました。

 

あなたには、住んだこともない地方の物件に対して、融資してくれるところはありますか?

サラリーマンをリタイアした後でも、融資してくれるところを探すことができますか?

cd4f7c3cbc739d61b5fa2fec81438296_s

不動産を購入する際、ほとんどの方は融資を受けることになります。
 
融資してくれるのは1物件1銀行といってもいいほどで、物件を買い進めていく上では、融資してくれる金融機関を開拓していく必要があります。

 

例えば、友人にお金を貸す場合、その友人を信用して貸しますよね。

同じように金融機関からの融資は、その人の「信用」に対して融資してくれます。

サラリーマンであれば、毎月の給与収入が信用となり、年収の何十倍もの融資をしてくれます。

 

しかし、サラリーマンをリタイアした後、毎月の給与収入が無くなったとしても、銀行は融資してくれるでしょうか!?

わたしは、サラリーマンをリタイアした後でも、融資してくれる金融機関を開拓できた方がよいと考え、1棟目から自分の力で金融機関に対してアタックしてきました。

サラリーマンをリタイアした後でも金融機関を開拓していく方法はどのようにするのか。について考えていきます。

 

c88da76df70a52ee217e0c3852e43f2f_s

地方物件に対して融資を受けるには、まずは、融資してくれる金融機関を知っておく必要があります。

それは、大きく分けて2つです。

1.住んでいる地域 もしくは、対象物件の地域に支店がある金融機関

2.全国に支店がある金融機関

になります。

 

◆融資を受ける順番を考える

融資条件の緩い金融機関から融資条件の厳しい金融機関、対象エリアの広い金融機関から地域密着型の金融機関までさまざまです。

ある程度ステージが進めば、金融機関から貸付の依頼があるかもしれませんが、初期段階ではそんなことはありません。

そのため、融資を受ける順番にも戦略を持つことで、物件を買い進めていくことができると考えています。

 

それは、「審査の厳しい金融機関から審査の緩い金融機関の順番で攻めていく」です。

 

最初から厳しいところをクリアしていれば、後はおのずと楽になってきます。

 

例えば、子供のころの給食でも、嫌いなものを後に残すと最後になっても食べられませんが、先に嫌いなものを食べてしまえば、あとは楽しく食べられるのと同じです。

 

また、一般的には、審査が厳しい≒金利は低いため、金利が低い条件で融資を受けることができればキャッシュフローも出て、次の融資にも繋げられます。

 770564233f6278fa496217c5dd08394f_s

具体的には、上から

 

1:メガバンク   :×審査基準が高い ◎金利は圧倒的低い。○エリアも広い。

2:第一地銀    :▲審査は厳しい   ○金利は低い △エリアは比較的広い。

3:第二地銀    :▲審査は厳しい △金利は比較的低い △エリアは地域中心。

4:信用金庫,信用組合:△審査は普通。 ▲金利は普通。  ×エリアは限定的。

5:日本政策金融公庫:○審査は緩い。 ○金利は低い。   ◎エリアは全国。

6:ノンバンク   :◎審査は緩い。 ×金利は高い。   ○エリアは広い。

 

この順番で受けていけば、物件を買い進めていけると考えています。

 ※もちろん融資を受ける方の属性や資産背景などにより、順番が違います。

 

では、どうやって金融機関を開拓していけばいいのでしょうか?

(次回につづきます。)