こんにちは♬ OL大家なこです。

今月は2回買い付けをいれました!

徐々に物件を増やしていく予定です♬

無題

●購入前の物件を見に行くときに、絶対に持って行ったほうがいいもの

1.汚れてもいい服・露出が少ない服

築古の物件を見に行くときは、ずっと空室で放置されていた場合があります。

それなので、汚れてもいい洋服で行きましょう。

また夏に物件を見に行くときは、肌を露出しないように気を付けてください。

前に私が物件を見に行くとき、

不動産業者の方に、

「長靴を履いてきてください」

と言われて、ショートパンツに長靴を履いて行ったことがありました。

行ってみたら、夏場だったこともあり、雑草が生い茂ったところでした。

そして足中を蚊に刺されて、大変になりました。

2.カメラ(スマートフォンでもOK)

何軒も同時に見ると、家に帰ってからどの物件がどういうものだったか

忘れてしまうことがあるので、

必ず写真を撮るようにしましょう。

 

●物件を購入後、空室がある場合に持って行ったほうがいいもの

物件を購入したあとに、私が物件を見に行くときに持って行ってよかったものがあります。

1.スリッパ

空室に入るときに必要になります。

また今後、入居者さんの案内のときに必要になるので、

空室に置いて帰りましょう。

2.ごみ袋

前の入居者さんが置いて行った物を持ち帰る用や、

汚れた雑巾を入れて帰る用、

何にでも使えるので持っていくと何かと使えます。

3.掃除用具(ほうきとちりとり・ぞうきん)

外を掃いたり、空室の中が汚い場合など、

掃除したほうがいいと購入前に思った場合は持っていきます。

4.巻き尺

長さをはかっておきたいときのために、

持っていくといいでしょう。

私も新しいポストを購入するときに、置き場のサイズをはかるのに使いました。

5.ペンとメモ

リフォームが必要な箇所を見つけたり、

不動産屋さんに聞きたい内容を思いついたりします。

あとで忘れないためにもすぐにメモしておきましょう。

6.トイレットペーパー

空室のリフォームをしたときなど、長時間アパートや戸建てにいる場合、

コンビニが遠いときなどは、トイレにトイレットペーパーを置いています。

7.保冷剤(クーラーがついていない夏場)

これはクーラーがついていない場合のみですが、

真夏の空き家はとても暑いので、

リフォームしたい箇所をチェックするときなどに、

保冷剤を持っていったときは、とても役に立ちました。

●まとめ

荷物が多すぎて逆に大変になってしまうこともあるので、

自分に必要なものを持っていくようにしましょう。

また、写真をたくさん撮っておくことが大切です。

火災保険を申請するときや、ビフォーアフターを見たいときなど、

いろんなタイミングで役に立ちます。