前回の記事では、銀行を新規開拓していく方法について
 お話しさせていただきました。

 今回は、相談に乗ってくれそうな銀行が見つかった場合の
 次のステップについてお話ししていきます。

 ddab98c23d53bb6bf73e95de4cb58097_s

 ◆銀行への提示資料

 めでたく話を聞いてくれる銀行が開拓できれば、
 その後は面談となります。
 信用を見ていただく重要な機会ですので、
 資料は入念に準備しておきます。

 ・対象物件資料
 - 物件概要書、登記簿謄本
 - 収支シミュレーション(想定シナリオ、
  リスクシナリオで返済できることがわかる資料)

 ・本人確認資料
 - 経歴書(学歴や職歴)、運転免許証もしくは健康保険証
 - 源泉徴収票もしくは確定申告書(あれば3期分)
 - 借家の場合の家賃
 - 生活費がわかる直近の銀行口座履歴
 - 金融資産、保有資産一覧表
 - 返済予定表(借入がある場合)

 ・所有物件がある場合に必要な書類
 - 物件概要書、固定資産額がわかる資料
 - 直近のレントロール
 - 返済予定表

 ・対象物件を購入しようとした経緯、動機

 ce8e2d6081c9543ebb2bacbf39e62566_s

 対象物件の収支シミュレーションをつくることで、
 本当に融資を受けてまで購入する物件なのかを
 見極めることができます。
 また、銀行の面談での会話でも
 自信を持って受け答えができると思います。

 また、上記資料を準備していくことで銀行の担当者に、
 しっかりしているという印象を与え
 「信用」を得ることができると考えています。

 わたしは、一度、融資を断られた金融機関に、
 再度アタックし、
 物件のスペックはさほど変わらないにもかかわらず、
 融資を受けることができました。

 地方物件に融資を受けながら買い進めていくには、
 その人の属性や資産背景も大事だと思います。

 そのほかに、戦略的に融資を受ける金融機関を考え、
 サラリーマンリタイア後でも
 自ら開拓できる力を身に着けておけば、
 自信にもつながります。

 よりよい条件で融資を受けられるようになるのです。

 f87d942eb39129407fe920de1194e7ea_s