楽待コラム読者の皆さまこんにちは。

いよいよ連休最終日となってしまいましたね(-_-;)

連休中はコラムの閲覧数も伸びずに(私のは特に・・・)

皆さん充実した連休を過ごされたのならよかったと思います。

今日の私の過ごし方としては、普段物件の掃除にはよく行くのですが自宅の掃除は後回しになってしまいます。

いや・・・ほぼ手つかず・・・手を付けず?

屋内は掃除機をかけたり一応清潔に保ちますが庭の雑草などはどうしても手が回らないので今日は落ち葉を片付け除草剤を撒きました。

そんな私の自宅は戸建ての賃貸です。

戸建て賃貸の潜在能力

①借り手の視点から見ると

戸建ての賃貸物件を探すとなると絶対数がマンションタイプの物より少ない。

家賃、間取り、設備、場所、などを含めてなかなかピッタリと条件に合うものは少ないものと思います。

しかし、マンションには無い屋根裏収納や会談したなどの収納場所が多かったり、

駐車場付きであったり、お子さんのいる家庭では騒音に対する配慮が比較的軽くて済むなどのメリットも考えられます。

②貸し手の視点から見ると

割合、長期での入居期間が期待できる。

共用部分がないために電気代、水道代、清掃費などが発生しない。

自宅として購入したが転勤などにより一時的に空けなくてはならない時に定期借家契約で期限を決めて貸すことが出来る。

このようなメリットが考えられます。

極力身軽でいる事

私の考えでは、家族や人生のステージに合わせてどんどん住み替えをしていけばいいものと考えています。

子供が増え必要な部屋が増えれば住み替える、独立して必要なくなれば住み替える、年を取って使いずらくなったら住み替える。

何だか気分転換に住み替える(*’▽’)

働き方も、生活の仕方も、身軽にシフトチェンジが可能な時代になるのではと思います。

今日もありがとうございました。