前回は、賃貸事情調査の旅が、北から南に一気に飛んでしまった「空を飛べなかった大家さん」です。今回は、中間を取って本州中央部のある地方都市で聞いたお話を中心に語ってみたいと思います。前回同様、また最初に断っておきますが、以下の感想はたまたま私が訪問した業者さんから得た情報を基に語っているものなので、その都市の状況を客観的なデータに基づいて正確に表している訳ではないことを御承知おきください。

 

静岡県西部から愛知県東部の状況は?

 

 学生時代を過ごした愛知県東部から静岡県西部には、新幹線が停車する豊橋市、浜松市があります。どちらも県内では有数の都市であり、物件数も豊富で賃貸事情も地方都市にしてはまずまずの印象です。こういう地域では、不動産業者も普通に経営できているのかアッと驚く様な一言を聞くことは出来ませんでした。インターネットであらかじめ複数の物件の事前調査をしておいて、現地確認と地元の不動産会社からの賃貸状況の聞き取りをしましたが、物件の価格もお手頃でそれなりの家賃/入居率の確保も可能と言う印象です。実家から草取りに行けない距離でもないので、一棟持っておいてもいいかな?なんて考えています。少し横道にそれますが、定年した後の生活で妻との約束が一つありまして、それは「全国の色んな地方都市を2ヶ月毎ぐらいの期間住みながら、各地の見分を深める」と言うことなんです。そのために、気に入った都市の物件を所有し、もし空き室があればそこに住んだり、双方の実家を拠点にしたり、マンスリーXXXに住んだり、と言ったことも考えながら全国視察をしているという事情もある訳です。

 

さらに西に進んで行くと、なぜか不動産業者の冷たい対応!!

 

 愛知県西部から京都府に向かう視察の旅の最中で起こった出来事なんですが、どこの不動産業者に行っても売り物件がないと言われるんです。全く売り物件が無いなんてことはありえないので、そこはしつこく手当たり次第に不動産の看板めがけて突撃を繰り返したのですが、なんか冷たい対応!!!

 

色々回った末に、あの衝撃の一言が・・・!

 

 あまりにも対応がおかしいので正直に「この近辺は、どこの業者さんに行っても売り物件はないと言われるし、対応は冷たいし、おかしくないですか?」って、とっても失礼なことを言ってしまったところ。「お客さんね、この地域の地主の間で語り継がれている有名な言葉知らないの?」と前置きされ、「この辺ではね!親の遺言で、「相続したアパートは絶対売るな!」と言われているんですよ」

 

なんで、この地域ではそんなことが遺言で言われているのか!

 

 これは、誠に申し訳ありませんが、私のライバルが増えてしまうのでストレートにお伝えできないので、キーワードだけお教えします。

①この地域は、固定資産税、都市計画税が周辺と比較して安価。

②賃貸の状況は周辺地域と比較しても何ら遜色ない。(家賃も入居率も)

③交通の便も何ら変わらない。

④土地に問題もない。(地盤、海岸との高低差等不動産の価値を落とすような瑕疵はない)

 

「投下資本利益率」から考えたら絶好の地域。

 

 キーワードを集約すれば、少ない投資(初期投資と継続的経費)で近隣と同じ収益が見込める。と言う訳で、この地域で収益物件を所有している人たちが「所有物件を売らない」理由もわかります。

 

 今回もお付き合いいただきありがとうございました。賃貸事情も色んな所に行けば行くほど面白い話が聞けるし、その奥深さもわかるものなんですね。私はこの地域で物件が出るのをじっと待ち続けています。「出物がないところで待っていてもしょうがない!」って皆さん思っているでしょう。でも、実は私には、この地域にはとっておきのコネがあるんです()