割高な料金を徴収しているプロパンガス会社とそれに便乗する大家がやり玉に…

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

既に一部の大家さんが発信している内容ですが、

今年6月1日から経済産業省より、

プロパンガスを利用する賃貸物件について、

割高な条件でプロパンガスの利用が強制される賃貸物件は、

契約締結時にプロパンガスの料金制度について説明義務が発生する事になります。

 

 

私もそうでしたが、これまで多くの大家さんが、

オール電化や都市ガスであった物件を、

プロパンガス会社さんに切替する事を条件に、

新品の追い炊き機能付給湯器やエアコンの提供をお願いしていました。

この手が使えなくなると、新築物件の建築コストや中古アパマンの大家側の改装コストが上昇?

でも、今年の6月1日から通常のガス料金よりも大幅に割高な料金を請求している賃貸物件に該当する場合には、

入居者さんとの賃貸契約締結前に説明義務が発生する事で、

入居者さんからも、最終的には賃貸仲介業者さん側からも、

”敬遠される物件”になることで、

客付けが難しくなる可能性が考えられます。

 

そうすると、私達大家側でも、

これまでは当たり前の様に要求していた設備の要求を取り止めて、

少しでもガス料金の安いプロパンガス会社さんを使う工夫が求められたり、

今まで通り、オール電化の設備のままで物件の運営を行なったり、

都市ガスのままで物件の運営を考えた方が良い可能性が高くなりそうです。

 

でも、その為に今後は今までプロパンガス会社さんにお願いして、

無償で取り付けしてもらっていたエアコンの取り付け費用を全て、

大家自身で負担する事になったり、

新築時や物件リフォーム時にある程度プロパンガス会社さんに負担してもらっていた設備費用を、

大家側で予算計上して負担する事になる事で、

投資全体に対する家賃収入の利回りの低下にも繋がる恐れが有るので、

今後いっそう賃貸経営が厳しくなる事も考えられます。

 

もしもプロパンガス会社さんにガス使用料の料金体系を割高にならない様にしてもらうには、

これまでよりも設備取り付け費用を控えめになる様に費用を抑えた設備にしてもらったり、

大家がプロパンガス会社さんとの契約期間を今までよりも長くしてもらう事で、

入居者さんのガス料金が高くならない様に工夫する事が求められると思います。

 

ここまでお読み頂き有難うございました。