皆さまこんにちは、さぬきうどん大家です。

今回は「築古木造床下の水漏れによる腐食やシロアリを防ぐの巻」です。老朽・築古木造物件を所有管理していますと基礎の床下から色々と不具合が生じてくる場合があります。同じ構造の物件を複数所有管理していても、すぐに老朽化して修繕の手間がかかる物件と手間いらずな物件に分かれるのは不思議なもので、微妙な日照の違いや排水湿気の違いによるのだと思われます。

 

今回問題になったのは、5年程で再修繕の必要に迫られた風呂場浴室前のフローリング部分で、浴室扉の水滴や風呂上がりの足場マットが敷かれている部分付近が毎日の水滴により床下大引部分から腐食しフローリング床事体が抜けそうになっていました。

 

問題なのは10年程前に同じ現象で修繕しており、そして5年程前にも再度修繕しているので、同じ工法で修繕してもまた5年位で再発が予想され、より良い方法での修繕が必要と考えられました。

 

床下も通常から水はけが悪く、床下大引部分にシロアリに好まれたような痕跡もあり、湿気水分に強い床下環境が欲しいと思いました。

 

まずは当初は薬剤を床下木材に塗って腐食とシロアリ対策と考えましたが、薬剤ではせいぜい1年間位しか持たないらしく、気休め程度の効果しかない事が調べていく中で判明しました。また薬剤による入居者への健康被害も避けたいと思いました。

 

次にハードウッドを考えましたが、とても高価であり、施工性も悪く、良い解決方法とは思えませんでした。

 

そこで鉄などの鋼製の大引材料があれば腐食もシロアリも薬剤健康被害も心配ないし最適と思いましたが、探しても中々見つからず、ウッドデッキの基礎材料はありましたが、使いにくそうなので通常のリフォーム材料として使いやすそうなのを探していました。

 

するとインターネット上で1社、鋼製の大引き材料メーカーが見つかり、祈るような気持ちで工務店さんに材料指定して修繕作業してもらいました。

 

鋼製の大引き材料が届き、大工さんに作業してもらったところ、鋼製と言っても軽量で釘やビスで固定しやすく施工しやすい材料で、施工時の心配が解決され助かりました。木製大引ではないので経年変化による木痩せや縮み・たわみの進行がないので、床鳴りを防止出来てより安心です。

 

また、錆に強い高耐食めっき鋼板で木材以上の高耐食性が得られ、少々の水漏れや湿気で床下材料が腐食して再修繕する必要は無くなりそうです。

 

さらに鋼製なので白蟻被害の心配もなく、防蟻剤が不要なので、健康住宅に適していて将来の防蟻処理も不要となりアフターメンテナンスが削減されて心配事が減って良かったです。
そういう訳で今後は床下の水漏れによる腐食やシロアリ対策には鋼製の床下材料を採用していこうと思いました。