お元気ですか、お宝トミーです。

今回のコラムは、アパートローンって月々いくら払ってるの?

というタイトルでお送りいたします。

先日、某金融機関(信金)で金利の引き下げ交渉を行いました。

その結果、2.475%から1.3%となんと1.175%もあっさり金利が下がりました。

さらに、他行の金融機関でも現行の2.4%から固定金利で1.5%になりました。

成果として、2行の金融機関で、2つのローン金利4.875%から2.8%に金利が下がり合計2.075%になりました。

つまり、それぞれたった数回の電話と手続きで金利が月々2%以上下がったことになります。

弱小大家の自分でさえこれだけ下がったのです。

これは、どんな経費節減より確実で効果があります。諸経費も金利変更手数料と印紙代のみで、2万円ちょっとなのでコスパ最高ではないでしょうか?

 

今日も最後までコラムにお付き合いいただけたら幸いです。

 

月々2%減の威力とは?

現在自分のアパートローンは2本だけです。

その2本の金利が2%以上も下がったなんていうことは、想像を絶する喜びです(笑)。

不動産投資家として意識しなければならない指標の返済比率も、さらに下がりますます安全圏に突入したのは、この上ない幸せです。

この2本のローンさえなくなれば、無借金経営になりすべての物件から抵当権が外れます。

2%金利が下がると

月々約12,000円のキャッシュフローが増えることになります。

まさに、いいことずくめです。

これから物件を大幅に増やしていき規模を拡大する計画が無い大家は、こうやって地味に利益を積み上げていくしかないのです。

 

アパートローンって月々いくら払ってるの?

とうとう月々250,000円以下になりました。

これは、不動産投資のローン返済額にすれば限りなく少ない金額のはずです。

今まで最大約680,000円のアパートローンを月々支払っていたことを思うとほんとうに少し肩の荷が下りた思いです。

月々合計430,000円のキャッシュフローの増加と数年前まで思いもしなかった民泊の収入増は自分にとっては、かけがえのない小さな成功体験を生みました。

自分は、これから物件を積極的に増やして規模を拡大はしないと思います。それより何度もコラムで書かせていただきましたが、繰り上げ返済をして早くローンを終わらせたいです(笑)。

しかし、そんなに話がうまくいくようには思いませんので、この実践大家コラムで、その過程での出来事、シェアできること、節税方法などをこれからも書いていこうと思います。

そして、無事にすべてが終わる時、このコラムの卒業時期なのかもしれません。

では、次回にもう少し続きを書かせていただきます。

 

今日のコラムが少しでもみなさまの参考になったのなら幸いです。

それでは、今日はこの辺で