旧耐震のほうが地震に危ないのはわかるけど・・・

旧耐震と新耐震の被害の差は、阪神淡路大震災ではかなり大きかったといわれています。しかし、東日本大震災では、あまり大きな差はなかったようです。

私は、建築に関しては素人なのですが、「旧耐震、新耐震の違い」について聞かれることが多く、また、私も自分の仕事用に旧耐震のワンルームを買おうかどうか迷っていることころなので、はたして旧耐震はどの程度危ないのかを考えてみます。
ただし、今回は非木造(コンクリート)の建物だけを考えます。

旧耐震とは、新耐震とは

ここはみなさんすでにご存知の方が多いと思うのですが、もう一度、整理しておきます。詳しいことは、ウェブに色々のっていますので、例えばウィキペディアで調べてください。
主な耐震基準の変遷
 1950年~1970年 旧耐震
 1971年~1980年 旧耐震(移行期)
 1981年~現在    新耐震
  *新耐震の建物とは、1981年6月1日以降に建築確認を受けたもの

耐震基準は「建物が壊れないことを保障する基準」ではない

ただ、ひとつだけ言っておきたいことは「耐震基準というのは、建物が絶対に壊れない」ための基準ではないことです。新耐震基準であっても「最低限度の耐震能力を持っていることを保証」し「震度6強から7の地震が起こっても建物が倒壊せず、中にいる人の安全が確保できる建物」ための基準です。

そのため、新耐震基準の建物でも、地震によっては大きく壊れて使えなくなる可能性があります。この点、耐震基準というのは、他の基準(例えば電気とか、食品とか)のように「守っていれば安全」という基準とは、まったく別モノであることを忘れないでください。

阪神淡路で大きく、東日本では少なかった新旧耐震建物被害の違い

色々な調査の結果があるのですが、わかりやすくまとまっているものを示しました。この表からわかるように、阪神淡路大震災では、旧耐震、移行期、新耐震の被害に明確な差がでました。特に、1971年(昭和46年)以前の旧耐震の建物に大きな被害がでていることがわかります。他の調査結果でも、阪神淡路では、ほぼ同じような結果がでています。「旧耐震は危ない」というのは、主にこの阪神淡路大震災の被害状況からいわれていることです。
それに対して、東日本大震災の被害はあまりはっきりとした差が出ていません。東北6県だけに限ると、旧耐震のほうが被害が大きいようなデータもあるのですが、あまりはっきりとはしません。

両地震被害比較

出典 (社)高層住宅管理業協会:東日本大震災の被災状況について、平成23年9月

上の表が見にくいので、下にまとめます。

           東日本大震災           阪神淡路大震災     
       大・中破  小破  軽微・無   大・中破  小破  軽微・無
旧耐震     0.0%       2.7%       97.3%            13.4%    6.0%         80.6%
旧耐震(移行期)   0.1%       2.7%       97.2%              5.0%      8.7%         86.3%
新耐震                0.1%       2.5%       97.4%              1.6%      5.6%         92.7%

卓越周波数が変わると、被害の程度も変わる、新旧耐震の違いにも影響する

東日本大震災では、地震の規模の割には、建物、構造物の被害は少なかったのです。これは、卓越周波数の違い、いわゆるキラーパルスの強さの違いが原因です。これと地震波の上下動成分の強さの違い、これが東日本大震災では、新旧耐震の被害の違いに差がない原因と思います。直下地震と少し遠くの大地震の違いといってもいいかもしれません。
また、被害の程度と実際に住めるかどうかという話もありますが、長くなりますし難しいので、ここではこれ以上の話をしません。興味のある方は、例えば細野透さんという方がよい解説をされているので、ウェブで調べてみてください。

それ以外の地震では?

阪神淡路、東日本以外の地震について、旧耐震・新耐震をキチンと比較したデータは見つけることはできませんでした(個々の建物については、たくさんありますが)。これは、非木造の多くの建物が被害を受けるような、旧耐震と新耐震の違いを統計的に処理できるような地震がこの二つだけのためだと思います。

旧耐震のほうが被害を受ける確率は高いが、
新耐震だから安心なわけではない

結局、「旧耐震と新耐震の違いについては、ふたつの地震のデータしかないので、どの程度差があるのか、よくわからない」というのが結論になりますが、次のことは言えると思います。

<結論>
1)旧耐震だからといって、必ず被害を受けるわけではない
2)新耐震だからといって、絶対安全なわけではない
3)直下地震では、旧耐震と新耐震で被害に数倍の違いがでる可能性がある
4)少し遠方の大地震では新旧の被害に大きな差が出ない可能性がある