楽待コラム読者の皆さまこんにちは。

久しぶりの雨の朝でした。

今朝は楽待コラムを書くようになってから知り合った大家さんに火災保険の内容で色々とご相談に乗っていただいていました。

一人では判断に困ることも経験談をお聞きしたり、大変参考にさせていただきました。

話しているうちにお互い仕入れた情報交換などもさせていただけてありがたいなと思います。

予感はしていたのですが・・・きな臭さも

とある所有物件でお付き合いのある会社があるのですが

(業務内容は一応伏せます)

購入時より8年近くのお付き合いがあり、問題はありつつも地場での力もあるかと思いお付き合いを続けていました。

①連絡事項が遅い

②提案や指示に対するレスポンスが遅い

③会社自体に活気がなく、人員も縮小している。

④経営者が運営に関与していない

⑤毎月の送金がこの1年必ず遅れる

ここで最も重要な問題は何といっても⑤ではないかと思います。

私としても銀行に対しての返済もありますし、入金が滞る様では大問題に発展しかねません。

現状月をまたぐようなことはないので様子を見てはいましたが・・・

火のない所に煙は立たぬ?

先日、物件周辺の業者さんにお邪魔してその会社とのお付き合いの仕方を相談した所、やはり経営上のあまり良くない話が聞こえてきました。

そこには私が聞いていた話とは違う内容も含まれていました。

(嘘とは言いませんが・・・)

私の感想としては、

うーん、やっぱり・・・

という気持ちが強かったです。

大家業も一つの経営ですから常に判断を迫られます。

今までの付き合いやしがらみもありますが、冷静に判断して方向転換もしなければならない時もあります。

またこちらで結末までお伝え出来ればと思います。

今日もありがとうございました。